ホーム > 本を読む | 著作・寄稿のお知らせ > 「書評空間」に新しい書評を執筆

「書評空間」に新しい書評を執筆

紀伊國屋書店がブログ形式で運営する「書評空間」に、新しい書評を執筆した。今回とりあげたのは、茂呂雄二『なぜ人は書くのか』(東京大学出版会)。原稿用紙換算で9枚ほどの短いものだが、それでも新聞など日本の一般的な書評に比べると、ずいぶん長いはずである。しかし書き終えるまでに半月かかってしまった。お読みいただければうれしいです。↓
http://booklog.kinokuniya.co.jp/hasegawa/