ホーム > その他の散歩旅 > 虹に向かって走る

虹に向かって走る

070908rainbow.jpg

函館でフェリーを降りた。大沼まで来ると、行く手に虹が架かっていた。虹は、片方が山からのぼり、もう片方が海へと落ちていた。八雲あたりまで、濃くなったり薄くなったりしつつ、ずっと見えつづけた。その虹をめがけて R5 をひた走った。

うちを出発してから 19 時間 8 分後、札幌の目的地に到着した。開会まで 2 時間もある。それまで、ひと眠りだ。