ホーム > 映画を観る > 映画『アキレスと亀』

映画『アキレスと亀』

北野武監督『アキレスと亀』を観た。たまたま女性割引の日だったせいか、客席には女性、それも杖や車椅子で来場される年配の女性の姿が目立つ。北野作品がみなそんな客層なのかどうかは知らない。あるとき暴力物は一切観ないことに決めて以来、その方面からは足が遠のいた。北野作品についても、ほかのひとにまかせておけばいいやというスタンスでやってきた。

映画らしい、よい作品である。

あちこちで言及され、北野本人も語っている「テーマ」についていえば、基底にある「芸術」や「才能」にかんする価値観は古典的というか通俗的なものだ。それだけに一定の説得力を発揮する。

つくづく感じたのは、映画をよく知っているなあ、ということ。シンプルなストーリー、ていねいに積み重ねられるディテール、説明も台詞も刈り込みすぎるくらい刈り込む。全篇を意地悪なユーモアと無常感がひたひたと浸す。その浸しぐあいがなんとも絶妙だから、川底から湧く温泉みたいな温かみが感じられる。「世界の巨匠」にたいしてかえって失礼な言い方になるかもしれないが、作家性を保ちながら作品としての自立性を維持できるだけの水準にまとめあげるのは、だれにでもできることではない。

もしかすると、初期から見続けてきたひとにとっては大きな違和が感じられるかもしれない。