ホーム > 映画を観る > 映画『フロスト×ニクソン』

映画『フロスト×ニクソン』

合州国史上最大のネタキャラであるニクソンを題材にした作品。もとは舞台だが、よく映画的に消化してあり、見応えがある。

テレビの人気司会者にしてコメディアン、デイヴィッド・フロストが、大統領を辞任したニクソンにインタビューを申し込む。ニクソンは、軽佻浮薄なフロストを踏み台にして自身の弁明と復権に打って出ようと図る。一方フロストは、いったん追われた合州国のテレビ界への復帰を目論む。

テレビのメディア性というような話に傾きかねない話であり、実際そうした面もあるのだが、実質的にはほとんど後景に退いている。見どころはもっぱら、フロストとニクソンが丁々発止にやりあうインタビュー場面の心理戦にある。それで正解だろう。

この手の話を、物語性を損なうことなくメッセージ性をまぶし、娯楽作品としてしっかりとまとめる。ロン・ハワードのその手腕は、じつに手堅い。フロストのマイケル・シーンも、ニクソンのフランク・ランジェラもすばらしい。ランジェラは舞台版でもニクソン役を演じたそうだが、この作品のなかで多面的で複雑面妖なその人間性を、いいぐあいに体現している。

日比谷のシャンテで観たのだが、場所柄、ジャーナリスト系とおぼしき年配のおじさんたち多数で混んでいた。こういうのを見て、ジャーナリズム万歳的な感想をもつのだとしたら、ちょっと萎えるかも。これは1970年代という舞台の上だからこそ成立する物語なのだ。