ホーム > わからない風景 | 日にち雑記 > すべてはユニクロに

すべてはユニクロに

100131brooks_uniqro.jpg

ブルックスブラザースの銀座店が閉店したのはしばらく前のことだ。場所は銀座のどまんなか、晴海通りから中央通りに折れてすぐの五丁目である。

ワシントン靴店のあるビルにはユニクロが入っていて、ブルックスと隣りあっていた。ぼくはどっちのお店もたまに利用していたのだが、なんだか象徴的な風景だなあという印象だった。そうこうするうちブルックスは銀座から撤退してしまった。

先日たまたま前を通りかかったら驚いた。旧ブルックス店舗がまるまるユニクロになっているではないか。おもわず iPhone で写真を撮った。

考えてみれば、これはあの風景によって予告されていた事態かもしれない。なんにせよユニクロは肥大化してブルックスを呑みこんでしまった。『リトルショップ・オブ・ホラーズ』の食人植物オードリーII みたいである。