ホーム > ブログ整備 > WordPress3.0.1自動アップグレード

WordPress3.0.1自動アップグレード

WordPressのバージョンを3.0.1へアップグレードした。

しばらく前から、アップグレードしなさいというダイアログが管理画面に出ていた。失敗したら面倒だなとおもってあとまわしにしていたのだが、意を決して、ついに敢行することにした。作業は、管理画面のダッシュボードというページで、自動アップグレードのボタンを押すだけ。1秒もしないうちに「完了しました」とダイアログが出る。これで終わりなのだとは、にわかに信じられないくらいだった。なんとも便利なものである。

バージョンを上げる作業など、最近のはどうか知らないが、以前につかっていた旧いMovable Typeなら大仕事だったところだ。もっともこの手の自動化はやはりあんまり当てにできないというか、いろいろ苦い経験があるのでどうしても心配である。定石とはいえ事前にきちんと全部バックアップをとった。

WordPressのばあい、ファイルとデータベースの二種類のバックアップをとる必要がある。ファイルのほうはサイトをまるごとダウンロードしてローカルに保存。ついでに、管理画面からツールのエクスポートで、これもローカルに保存した。データベースのほうは、WordPress Database Backupというプラグインを入れて定期的にバックアップをとる設定にしてあるのだが、それだけだとなんとなく心配なので、エックスサーバ—の管理画面のphpAdminからエクスポートをした。 バックアップ時の設定など詳細はCodexに書いてあるとおりに従った。

いまのところ、とくに問題なく稼動している。