ホーム > 日にち雑記 | 生活の風景 > 桜の入学式

桜の入学式

中学校の入学式は満開の桜の下でおこなわれた。

《なな》は、一昨年卒業した《みの》のお下がりの制服を着て、うれしそうに出かけていった。野球部の友だちと待ち合わせて学校へ行くという。

ぼくたちも遅れて行く。保護者の参加も多く、体育館はいっぱいである。なかなか盛大な入学式であった。

来賓紹介のなかで「プリティ長嶋さま」とアナウンスされると、会場にどよめきが走った。保護者も生徒も、ざわざわしている。選挙の翌日だからねえ。

中学校の三年間が充実したものでありますことを。