ホーム > ブログ整備 > Status Updatorの導入

Status Updatorの導入

Status Updatorは、Facebookと連携するためのWordPress用プラグイン。先日、導入した。

どういうわけかSNS系にはいまいち縁がない。Mixiでは、マイミクとやらをつくらないまま放置していたら、いつのまにか退会させられていた(先日再び入ったが、たぶん遠からず退会させられるとおもう)。Facebookに登録したのは2年くらい前だろうか。海外の友人の紹介だったのだが、ほとんど活用していなかった。

ふだんメインにしているのは、この「散歩の思考」である。じぶんのペースで運用できるブログが性にあうのか、こつこつ続けている。じぶんでサーバを借りてWordPress環境上に展開しているから、手間はそこそこかかるけれど、使い勝手は抜群(以前につかっていたMovableTypeよりずっと)。「いまさらブログなんて遅れてるのでは」的な侮蔑を浴びても平気である。

ブログ以外のその手のSNSまでいちいち個別にやっていたら、いくら時間があっても足りない(もちろんサービスを提供する側はそれが狙いなのである)。できるだけ、ブログを中心にして、ほかのサービスへと連携してくれるようにしておきたい。前にも書いたとおり、Twitter用にはTweetableというプラグインをWordPressに導入していて重宝している。

そこで、WordPressに投稿した記事をそのままFacebookに連動して投稿してくれるプラグインを探してみた。意外に少なくてびっくり。だが、いいのが見つかった。

・Status Updater
http://www.francesco-castaldo.com/plugins-and-widgets/fb-status-updater/

設定などは、こちらの記事を参照した。

「WordPress】WordPressの投稿記事をFacebookのウォールに表示(連動)させる設定方法」(IMAGINATION DESIGN BLOGさん)
http://www.imaginationdesign.jp/blog/wordpress/478/

詳しい設定方法はリンク先に書いてあるとおり。あらかじめFacebookにて「アプリID」と「アプリの秘訣」を用意しておく必要がある。参考にしたのは、こちらの記事。

「facebook で「アプリID」「APIキー」「アプリの秘訣」取得」(うぇぶパニックさん)
http://webpanic.jugem.jp/?eid=36

補足としては、Facebook上で新規にアプリを登録するさい、アプリケーション名を「Status Updater」にしておくことであろうか。

これで、WordPostに記事を投稿すると、その題名とリンクをFacebookに自動的に投げてくれる。導入後にWordPressを3.1.1にアップグレードしたが、いまのところ順調に稼動している。この投稿もFacebookへ自動投稿されるはずだ。