ホーム > ディフェンダー110 > クラシック・レンジ

クラシック・レンジ

ディフェンダーは現在、点検修理にでている。その間、代車でお借りしているのが、初代のレンジローバー、いわゆるクラシック・レンジ(CRR)である。

CRRに乗るのは初めてだ。昔のランドローバー車らしいまじめな足回りの上に、高級乗用車の内装と乗り心地が合体している。いまではあちこちのメーカーがこぞって出している高級SUVの嚆矢であり、ジャンルそのものを創造した名車である。

もっとも、高級SUVというジャンル自体が、シリーズ物からディフェンダーへとつづくランドローバーの系譜が潜在させていた可能性の、ひとつの展開であるということもできよう。

質実剛健なディフェンダーとはある意味対照的でもあるのだが、そこは同じ(往年の)ランドローバー。これはこれで、なかなかよい。年数は経過し、傷みは相応にあるものの、なんとも味わい深いのだ。

では、もし湖のなかから女神さまがあらわれ、「お前のクルマはどちら?」と訊かれたなら、どう答えるだろう? やっぱり「ディフェンダーです」と答えるとおもう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2011/10/29/crr/trackback/?_wpnonce=c0a9ab24cb
トラックバックの送信元リスト
クラシック・レンジ - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > ディフェンダー110 > クラシック・レンジ

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る