ホーム > ディフェンダー110 > クラシック・レンジ

クラシック・レンジ

ディフェンダーは現在、点検修理にでている。その間、代車でお借りしているのが、初代のレンジローバー、いわゆるクラシック・レンジ(CRR)である。

CRRに乗るのは初めてだ。昔のランドローバー車らしいまじめな足回りの上に、高級乗用車の内装と乗り心地が合体している。いまではあちこちのメーカーがこぞって出している高級SUVの嚆矢であり、ジャンルそのものを創造した名車である。

もっとも、高級SUVというジャンル自体が、シリーズ物からディフェンダーへとつづくランドローバーの系譜が潜在させていた可能性の、ひとつの展開であるということもできよう。

質実剛健なディフェンダーとはある意味対照的でもあるのだが、そこは同じ(往年の)ランドローバー。これはこれで、なかなかよい。年数は経過し、傷みは相応にあるものの、なんとも味わい深いのだ。

では、もし湖のなかから女神さまがあらわれ、「お前のクルマはどちら?」と訊かれたなら、どう答えるだろう? やっぱり「ディフェンダーです」と答えるとおもう。