ホーム > 日にち雑記 > 夜桜さくら

夜桜さくら

近所の地元的桜の名所の夜桜。先週末が見頃で、ごらんのとおりの人出だった。ゴミも盛大である。

3月は、もう何年がかりで書いているのかわからなくなるほど難航をきわめていた論文の脱稿作業に集中した。あとまわしにできるものはすべてあとまわし。不義理を重ねる結果となったが、もうお許し願うほかなし。

そのおかげで、3月後半はほとんど世捨て人状態で執筆モードに入った。なんとか最終稿の段階までもっていくことができたのは、授業開始前日だった。

ひさしぶりに外へ出てみると春になっていた。モグラか何かになったような気分であった。

とはいえまだ仕上げ作業が残っている。授業が始まると、どうしてもまとまった時間がとりにくくなるのだけれど、もはやそんなことを言っているばあいではない。もうひとふんばりします。