ホーム > わからない風景 > 超低空

超低空

集中講義期間中にはいくつかの授業が併走している。ぼくの隣の教室で開かれているのは藤村久美子先生の授業である。そこにゲストで来られた虎井まさ衞さんを囲む食事会に誘っていただいた。

お店にうかがう途中、キーンという轟音が耳を突いた。思わず上空を見上げた。旅客機が超低空で通過していくところだった。函館空港に着陸するようだ。

風向きによって進入ルートは変わるのだろうが、五稜郭の繁華街の真上である。