ホーム > 未分類 > ふりかえると

ふりかえると

数日前に帰宅した。予定を一日早めた。途中で気が変わったのだ。

函館のあとのルートは、札幌→泊→島牧→函館→青森→女川→相馬→福島で、福島松川PAのスマートインターから東北道に乗り、磐越道・常磐道経由で帰ってきた。

詳しくは後日。余話的に3つ。

(1)
札幌にて。朝からテレビ塔をバックに北電本店の写真を撮っていたら、「長谷川センセー!」と声をかけられた。こんなところにそんな呼び方をするような知り合いがいたっけ? ふりかえると、芸術学科メディア系列の卒業生Nさんだった。某有名劇団の広報として二か月前から駐在しているのだという。(Nさんへ。この記事をお読みになったらご連絡ください。写真をお送りします。)

 ▲北電本店にある原子力ふれあいコーナー。びっくりするくらい小さかった

(2)
泊原発とそのPR施設とまりん館を見たあとのことだ。近くに海水浴場がある。いくら暑いとはいえこの時期泳いでいるひとはいないが、自然のままの浜があり、背後に羊蹄山、ニセコアンヌプリ、岩内岳から雷電の山々までがならぶすばらしい景観が見られる。写真を撮っているうちに、突如NEX-5Nのシャッターが切れなくなった。あれこれいじってみるが、さっぱり駄目。困っていると、うしろから「もしもし」と声をかけられた。親切なひとが声をかけてくれたのか。ふりかえると、防弾チョッキに身を固めたおまわりさん2名が近寄ってくるところだった。

 ▲左手に小さく見えるドーム状の屋根をもつ建物がとまりん館

(3)
女川には、東北電力女川原子力発電所に付帯したPR施設があるが、それとは別に、宮城県が設置している原子力センターという施設がある。展示設備もあるという。行ってみた。津波によって全壊していた。隣接している原子力防災センターも同様に全壊であった。職員のひとたちは無事だったのだろうか。いずれも取り壊し工事の最中であった。かつて市街地であったであろうそのあたりには、いまはほかに建造物は見あたらない。瓦礫の山がいくつもできていた。

北海道も東北も、やたらに暑かった。

千葉東京もやはり暑い。昨日は9月卒業式に参列しなければならなかった。会場は白金キャンパスのチャペルだ。歴史的建造物ですばらしいのだが、冷房はないらしい。みんな汗を流しながら、それでも正装をして式をまっとうした。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2012/09/19/furikaeruto/trackback/?_wpnonce=dd62600d25
トラックバックの送信元リスト
ふりかえると - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 未分類 > ふりかえると

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る