ホーム > 未分類 > コロボックル

コロボックル

ある雨の夕方、《くんくん》が帰ってきた。傘はもっていない。学校に忘れてきたという。

代わりに手にしていたのが、大きなシュロの葉だ。学校の門のそばに落ちていたのを拾ってきた、おかげで濡れなかった、と真顔でいうのだった。