ホーム > 未分類 > 薪ストーブでマーマレード

薪ストーブでマーマレード

今冬《あ》がマーマレードをつくりはじめた。

名古屋の実家から夏みかんなんかが送られてくる。それらの皮を剝き、千切りにして水にさらす。実も薄皮を剝く。そのあとどう処置するのか具体的にはぼくにはよくわからない。とにかくそれらを蜂蜜と一緒にル・クルーゼの鍋に入れて、薪ストーブの上にかける。

ひと晩そのまま放置しておく。すると翌朝には、いいぐあいにマーマレードになっている。ひと鍋で、ガラスのポット4-5個ぶんできあがる。毎朝トーストに塗ってたべる。誰がたべてもおいしい。

この季節、大学は入試シーズンだ。さらに今年度ぼくは学科主任の一年目でもある。必ずしも潤沢とはいいにくい時間と思考と気力のかなりの部分をここに費やすことを余儀なくされている。

それでも毎日をなんとか乗りきることができているのは、マーマレードのおかげであるかもしれない。それはつまり、ひいては薪ストーブのおかげということであろう。

薪ストーブ万歳!

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2013/02/23/marmalade/trackback/?_wpnonce=61faf65f5d
トラックバックの送信元リスト
薪ストーブでマーマレード - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 未分類 > 薪ストーブでマーマレード

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る