ホーム > その他の散歩旅 > GWの柴又と矢切の渡し

GWの柴又と矢切の渡し

散歩のついでに足を伸ばして柴又まで行ってみた。


帝釈天へつづく参道はえらい人出であった。GWゆえだろう。黄色いはとバスまでやってくるほどである。柴又のひとびとは、渥美清と山田洋次には足を向けて寝られまい。

草だんごを買った。いちばん小さい16個入りで600円だった。別のお店で、あさりの佃煮を買った。100g630円。

矢切の渡しで江戸川を渡って帰る。渡し船は2船体制で運航していた。めずらしいことだ。超繁忙期、ということなのだろう。

渡し賃は片道大人200円(小学生以下半額)。以前は100円だった。

定員31名の「第一矢切丸」はたちまち満席となった。

船頭さんが櫂だけで舟を操る。5-6分かけてゆっくりと江戸川を渡った。

土手をのぼると、矢切の畑がひろがっていた。遠くに北総台地の斜面林が見えた。何度みても良い風景だとおもった。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2013/04/29/shibamata_yagiri_2013gw/trackback/?_wpnonce=ea4b2e32fa
トラックバックの送信元リスト
GWの柴又と矢切の渡し - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > その他の散歩旅 > GWの柴又と矢切の渡し

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る