ホーム > 日にち雑記 > 雨中の10kmラン

雨中の10kmラン

雨のなか、いつものように10kmを走った。雨中のランは初めてだ。

もちろん全身ずぶ濡れである。だが濡れるという点についてなら、ふだんも同じことなのだ。このところは蒸し暑かったから、走れば汗をたくさんかくのだし。むしろ今日はそれなりに快適でさえあった。雨天ゆえに気温が低く、雨が身体を適度に冷却してくれた。

困ったのは、眼鏡がびしょ濡れになって視界が効かないことだけだった。ただ、そうなってしまうのは、歩いていたとしても大差ない。眼鏡必携の人間にとっては、うけいれざるをえない宿命みたいなものである。

途中ですれちがったランナーが三人、追い抜かしていったランナーがひとり。雨降りでも少数ながら走っているひとはいるのだとわかった。

もうひとつ、ひばりの声もよく聞こえた。かれらもまた、こんな雨降りでもふだんと同じように暮らしているらしかった。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2013/06/21/rainy_running/trackback/?_wpnonce=78f828244f
トラックバックの送信元リスト
雨中の10kmラン - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 日にち雑記 > 雨中の10kmラン

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る