ホーム > 2013中国・四国 W800 | カワサキW800 > 中国・四国ぐるり2900km その4

中国・四国ぐるり2900km その4

ツーリングレポート的な話題についても少し書いてみたい。まずは実用的な主題、すなわち宿泊や食事について。

泊まりはすべてビジネスホテル。ネットで安くてよさそうなところを探して、最初の3泊だけ事前に予約していった。あとはiPhoneから、じゃらんや楽天トラベルのアプリをつかって探して予約を入れた。

バイクでいきますというと、どこも屋根付きの場所を用意しておいてくださり、たいへん助かった。宿毛フレックスホテルでは、わざわざWのために一階の屋根付き駐車場を一区画をあけておいてくれた。デイサービス併設というユニークなところだった。

下の写真は京都エミナース。楽屋(?)への搬入口シャッターの前にWを停めさせてくれた。晩から雨が降ったのだが、おかげで濡れずにすんだ。

夏場なので一日走れば汗だくである。洗濯はなるべく毎日したい。ホテルにはランドリーがあればそこで、そうでなければ浴室でもって手動で、毎日洗濯した。

ランドリーの設備がもっともすぐれていたのは、松山のサンガーデンだった。ここでは300円で一階の駐車スペースにバイクを駐車させてもらえるのだが、その脇に3台の洗濯機が用意され、宿泊者は無料でつかうことができた。洗剤も無料。使用中の洗濯機に、部屋番号を書くという方式が合理的だ。写真にうつっているのは、たまたま同宿の見知らぬおじさんです。

そのサンガーデンでは、100円朝食というのをやっていた。簡易的なものだが、和洋どちらか選ぶことができる。ぼくとしては珍しく洋食を選んだ。レーズンパン、サラダ、ヨーグルト、ゆで卵、コーンスープ、飲み物とあって、ぼくには十分だった。

それ以外の日はたいてい朝食はたのまず、前日にコンビニで買っておいたパンと牛乳、トマトジュースですませた。朝食が0700からというホテルが多かったためだ。なるべくなら朝は早めに行動を開始したい。

伊勢で泊まった日の出旅館では、あえて朝食を頼んでみた。朝食は写真のように、絵に描いたような旅館の朝食であった。どれも業務用レトルトなどではなく、きちんと調理したお料理で、おいしかった。お味噌汁が、名古屋出身者としてとてもなつかしい味であった。

ここ日の出旅館は伴淳三郎がでてきそうな古い木造三階建ての駅前旅館である。リニューアルして和風B&Bをやっているという。12畳もある和室にひとりで泊めさせてもらった。お風呂は昔ながらのタイル貼り。バイクは向かいにある駐車場に停める(屋根なし)。

お昼はたべたり、たべなかったり。

上関町では「おふくろ」という食堂に入った。すると、なぜかお店のおばさんに「ビールのひと?」と訊ねられた。たしかにビールは好きだけど……。配達のひとにまちがえられたのだろうか。日替わり定食は600円で、メバルの煮付けとハモのお刺身つきだった。

いっぽう暑さにやられて、シャーベットやソフトクリームだけですませた日もあった。これは四国のR197ぞいの道の駅日吉の「ゆずシャーベット」。200円のところJAF割引きで180円だった。日に照らされた身体にしみる味だった。

朝のうちはまだしも、午前10時をすぎると路面からの照り返しがきつくなり、走行中に風にあたっていても、暑かった。そういうときにいちばんうれしかったのが、コンビニのサンクスやサークルKの100円アイスコーヒー。マシンにカートリッジを装着して熱いコーヒーを抽出。それを氷を入れたプラの容器に注ぐ。ちゃんとコーヒーの香りがする。もう缶コーヒーは飲めません。

もうひとつ、今回毎日のんでいたのが、炭酸入りのミネラルウォーター。暑くてつかれた身体にしみわたる。

夕食は2パターン。コンビニかスーパーでお総菜を買うか、近くの居酒屋へいくか。基本的には一日交替であった。

宿毛では、ホテルで教えてもらった「あすなろ」という食堂に入った。お刺身定食(1500円)をたのんだら、先付けから酢の物、伊勢エビでだしをとったお味噌汁まで、いろいろと出てきたのにはおどろいた。iPhoneで撮ったので、手ぶれしまくりで見づらい写真ですが。

大将によれば、お子さんが東京の大学にいっており、大学院へ進学希望なのだという。宿毛はいいよ、ひとがいい、みんなが何かしら持ってきてくれるから、食べるのに困らないしね、と笑っていた。アイスコーヒーをサービスしてもらい、さらに帰りがけに、おにぎりまでいただいた。翌日の朝食として、おいしくいただきました。

佐田岬に近い三崎港では、名物らしい「じゃこカツ」というのをいただいた。一枚100円。これとサザエの炊き込みご飯250円とが、この日の昼食だった。お店のおばさんが、近くで採れたというキュウリをくれた。太いところで直径5cm、長さは30cmはある巨大なキュウリだ。ぼくがおどろいていたら、このへんではふつうよ、といわれてしまった。じゃこカツがおいしかったので、晩のおかず用にもう一枚買った。

伊勢で入った駅の近くの「耕司」という居酒屋もよかった。カレイをお刺身でいただいたあと、骨と頭を揚げてもらった。ビールによくあう。

その5へつづく。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2013/08/01/gururi2013_04/trackback/?_wpnonce=8867eea026
トラックバックの送信元リスト
中国・四国ぐるり2900km その4 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 2013中国・四国 W800 | カワサキW800 > 中国・四国ぐるり2900km その4

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • それらしさから抜け出すこと 2016年12月9日
     こんにちは〈KUJIRA〉です。12月に入りましたね。一回目の卒論提出日まで三週間を切りました。最近はほとん […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る