ホーム > 日にち雑記 > Kくんの訃報

Kくんの訃報

Kくんが亡くなったという報せが届いた。くも膜下出血。突然のことだったという。

高校時代の同級生だった。ぼくとちがってまじめで成績優秀だった。曲がり角も直角にまがるくらいまじめ一辺倒かとおもいきや、そのなかに独特のおかしみをたたえていた。

かれとは、とくに1年の後半から2年生にかけて、生徒会執行部のメンバーとして、いろいろな意味で苦楽を共にした。

数学が得意で、大学もその方面にすすんだはずだ。卒業後は地元名古屋の高校で数学を教えていたと聞いている。

ぼくは明日から芸術メディア論特別演習(夏季集中講義)が始まるため、お通夜や告別式への参列はかなわない。名古屋にいる同級生たちが同期一同として供花の手配をしてくれたらしい(ありがとう!)。個人的には《あ》と連名で弔電を打つくらいのことしかできなかった。

衷心からご冥福をお祈りします。Kくん。でも早すぎるよ。