ホーム > 映画を観る > 映画『そして父になる』

映画『そして父になる』

すばらしい作品だった。

ひとは、あらかじめ誰かであるのではなく、ひととのかかわりのなかで何者かになってゆくのだということを、ていねいに描く。それも、劇的な出来事というよりも、ごくごくありふれた日常的なディテールの淡々とした積み重ねによって、厚みをもって描きだしている。

だがそれは、一見容易にみえながら、もっとも困難な道でもあるだろう。それをなしとげる是枝裕和監督の姿勢と手腕、そして執念は、まことに見事だとおもう。

弛緩したようなショットはひとつもない。ショット間のつながりもよく考えられている。サウンドは、これ以上ないというくらいのぴったりの使い方だ。

役者たちもみな良い。とくにリリー・フランキーと真木ようこの夫婦は、もともと儲け役という以上によかった。

すみずみまで心のこめられた作品である。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2013/09/28/likefather_likeson/trackback/?_wpnonce=57152b53f1
トラックバックの送信元リスト
映画『そして父になる』 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 映画を観る > 映画『そして父になる』

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る