ホーム > 日にち雑記 > 大瀧詠一さん急逝

大瀧詠一さん急逝

ついさっき、ネットで知りました。ちょっと言葉がでてきません。あまりに突然すぎる。

ぼくなどが言うまでもなく、日本のポピュラー音楽界のfounding fathersのひとり。その業績がどれほど大きいか。

ポップスやロックへの無尽蔵の知識を背景にした楽曲はもちろん、自身のレーベルをたちあげ、自前のスタジオをつくり、原盤も管理するといったことの先駆者でもある。音楽活動を総合的に捉える視野をもち、まだ何もなかった日本の音楽界のなかで、ほぼ独力で実践してこられた。

さらに挙げておきたいのは、70年代後半のあの一連の音頭ものという独自の追求。一般性にこそやや欠けたかもしれないが、やっぱり特筆すべきものだったとおもう。先週のクリスマスイブの中野サンプラザでも、山下達郎さんが「クリスマス音頭」を引用されていました(きっとそうするだろうとこちらも期待していたわけですが)。

個人的にもその存在は、ずっと心の支えでもありました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

しかし、こんな形で大晦日をむかえるとは……。三週間ほど前にはドラマー青山純さんの訃報があったばかり。昨日は、同じ大学の社会心理学者宮田加久子先生のお通夜(教会なので前夜式という)へ参列してきたところです。今年はほんとうに、いろいろなことがありました。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2013/12/31/niagara/trackback/?_wpnonce=bc33009eeb
トラックバックの送信元リスト
大瀧詠一さん急逝 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 日にち雑記 > 大瀧詠一さん急逝

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る