ホーム > Apple > SIMフリーのiPadmini retinaを買う

SIMフリーのiPadmini retinaを買う

iPadmini retinaを買った。128GBのWi-Fi+Cellular。これなら出先でもつかえる。

日本でまともに買うと、ソフトバンクかauのSIMロック版となり、高額の利用料が課せられるうえに2年縛り。年季があけても他のキャリアに乗り換えることもできない。つまり、いいことはひとつもない。

そこでSIMフリー版を買った。ごらんのとおり、ちゃんとドコモのLTEをつかんでいる。

140325ipadmini

香港版で、購入先はExpansysである。注文したのは年末。当初10万円超ととんでもなく高価だったのだが、だいぶ価格がこなれてきたタイミングを見計らったつもり。いまならもう少し下がっているのではないだろうか。

発注後なぜかいつまでたっても商品入荷待ちのステータスから変化がなかった。二週間ほど待ってから催促のメールをだしたら、即日出荷された。費用節約のためFedexではなくヤマト便にした。そのせいか到着までさらに4-5日を要した。

商品にはなんの問題もなかった。抱きあわせ販売の保護シートを貼ったが、うまく貼ることができず気泡だらけになった。いずれ別のものに貼り替えるつもりだ。

アップルケアプラスは、ネットで得た情報にしたがって、店頭ではなく電話で加入依頼した。最初は、なぜか渋谷店まで出頭するようにいわれたのだが、ネットでは電話で受けつけてもらえているようだがと言うと、しばらく保留されたのち、では来店できない事情があるということで電話受付します、ということになった。どういうことなのかはよくわからない。ともかくぶじに加入することはできた。

SIMは、BIGLOBE LTE 3Gのエントリープランにした。nanoSIM対応で150Mbps月933円+税(下書きを書いたあとメールが来た。4月1日からさらに値下げして900円+税になるのだという)。月間の通信データ量に制限はあるが、いまのところとくに問題はない。Wi-Fiスポットも無料でついている。契約時に3000円かかるが、イオン店頭で申し込めば980円というキャンペーン中だった。

こうなってくると、iPhoneをもつ必然性が薄れてくるかもしれない。べつにつねに最新機種にしておきたいという欲望はないので、二年縛りのSIMロック版iPhoneを買うのが、どうも気がすすまない。ぼくが独り身ならアップルストアでひっそり販売されているSIMフリー版のiPhoneを買うのだが、家庭の事情でそうもいかない。このさいケータイは通話に特化してガラケーでもいいか、という気もしている。もっとも、ケータイで通話など、もうほとんどしないのだけれど。

いずれにせよ今後キャリアは、かれらがそれだけは避けたいと願っている土管化について、その流れをもはや押しとどめることができないだろう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2014/03/27/simfreeipadmini/trackback/?_wpnonce=ba86a297d4
トラックバックの送信元リスト
SIMフリーのiPadmini retinaを買う - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > Apple > SIMフリーのiPadmini retinaを買う

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る