ホーム > 未分類 > 緊縛の蛇

緊縛の蛇

  • 投稿者: Hajime Hasegawa
  • 2014年6月18日 12:00
  • 未分類

しばらく前のことだ。出先から帰ってくると、縁側に蛇らしきものがいた。

なかなかのんびりした地域である。蛇もたまに見かける。だが、このときはこんな状態であった。なお人によってはあまり気持ちのいい光景と感じられないかもしれない写真なので、そのばあいはご容赦を。

140616snake

とぐろを巻いている、と最初はおもった。だが、ちょっとようすが変だ。とぐろなら、真ん中にあるのは蛇の頭部であるはずだ。ところが、そうではない。

とぐろの中心にあるのは、つるんとした球状の物体だった。カエルのお腹みたいである。よく見ると、指のようなものが飛びだし、ときどき動いている。赤い液体状のものも滲んでいた。

おそらくは、蛇が獲物をつかまえ、じぶんの胴体でぐるぐる巻にして締めあげている最中だったのではないだろうか。哀れな獲物は小さなカエルのようにもおもわれたが、このへんではふだんあまり見かけないから、カナヘビだったかもしれない。

携帯していたiPhoneで写真を撮った。30分ほどして再びようすを見に行ってみた。もう影も形もなかった。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2014/06/18/snake/trackback/?_wpnonce=bd30bfb7a2
トラックバックの送信元リスト
緊縛の蛇 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 未分類 > 緊縛の蛇

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る