ホーム > 2014ポルボウ・バルセロナ > ピレネーとベンヤミンの墓標

ピレネーとベンヤミンの墓標

ポルボウへ行ってきた。ベンヤミンのお墓参りのためである。

ベンヤミンのお墓は、街はずれの丘の上、海をのぞむ共同墓地のなかにあった。

140805portbou00

自然石をつかった墓標がたっている。ベンヤミンのお墓だ。ケルンのように、小石が積みあげられていた。

140805portbou01-00

140805portbou01

ただし、ここにあるのは墓標だけだ。ベンヤミンの遺骸が埋められているわけではない。

もともとベンヤミンのお墓は、別の場所にあった。

ここの共同墓地は、集合住宅のような恰好をしている。一画ごとに棺が収められ、区画ごとに番号が振られている。その563番に、かつてベンヤミンの遺骸は収められていた。

140805portbou02

写真にあるとおり、しかし、いまは別人が眠っている。

共同墓地の前には、イスラエルの彫刻家ダニ・カラヴァンによる作品「パサージュ ヴァルター・ベンヤミンへのオマージュ」がある。

140805portbou03

丘の上から東を望むと、眼下にポルボウのちいさな街と長大な駅舎、そしてピレネーの山々が見える。

140805portbou04

そのピレネーを越える山道を、望外なことに、ぼくも実際に歩いてみることができた。いろいろと情報を得ることができたおかげだ。このルートは、74年前、ベンヤミンが、ナチスの追及をのがれるため、非合法的にスペインへ脱出するべく歩いた最後の道である。

ポルボウから鉄道でいったん国境を越えてフランスに入る。そこから歩いてピレネー山脈を越え、またスペインへ入り、ポルボウへ戻ってくる。

初めのうちは葡萄畑を抜けてゆく小径。やがて尾根にとりつき、本格的な山道となる。

道は、尾根沿いのような目立つところを避けて、山腹をトラバースしてゆく。なるべく目立たないようなルート、ということなのだろう。

140805portbou05

上の写真を撮ったのは、国境までの最後の区間である。フランスとスペインを分かつ稜線が、右手の奧のほうに映っている。

駅からここまで、ゆっくり歩いて3時間ほど。さらに30-40分ほど歩いて、国境の稜線に到達した。

下の写真は、国境の稜線へ出たあと、ルートから一時はなれて登ってみたピークから撮ったもの(el cap de Cervera i les dues estacions frontereres という場所らしい)。ここには、石積みの古い砦が、崩れかかったまま遺されていた。

140805portbou06

写真の中央に映っている尾根の稜線が国境で、左がフランス、右がスペイン。尾根の両側に見えるのは、両国の最末端の街だ。フランス側がセルベール、そしてスペイン側がポルボウである。

登山経験があり、天候が穏やかであれば、大きな問題があるルートではない。ただし、距離は長い。少なくとも15-6km、実際にはおそらくそれ以上を歩かなければならない。山中は完全な山道であり、それなりにハードな行程である。

当時ベンヤミンたち亡命者は、この道を、文字どおり命がけで歩いた。その労苦と心中の精神的負担は、想像を絶するものがある。

以上まずは簡単な報告まで。後日あらためて詳しくまとめるつもりです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2014/08/05/portbou/trackback/?_wpnonce=5c50af0902
トラックバックの送信元リスト
ピレネーとベンヤミンの墓標 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 2014ポルボウ・バルセロナ > ピレネーとベンヤミンの墓標

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る