岩波百周年記念シンポが本になりました

先月に続き、今月も本が出版されます。こんどは共著です。

昨秋、岩波書店百周年記念シンポジウムがあり、ぼくも登壇させていただきました。そのときの記録が、『知の現在と未来』(岩波書店)として出版されることになりました。一昨日、見本が届けられたところです。店頭にも、もう並んでいるようです。

140829iwanami100

錚々たる立派な先生方とご一緒させていただきました。前座というか、刺身のつま、牛丼の紅ショウガ的な立ち位置もかえりみず、言うべきことはけっこうしっかり言わせていただいたようにおもっています。

この本全体が、とまで言えるかどうかはともかく、ここでの議論は一定ていど確実に、先月刊行されました、ぼくの単著『ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか』(慶應義塾大学出版会)と、呼応するような側面をもっているといえます。

140711disney

拙著のほうも、あわせてお手にとっていただければさいわいです。