ホーム > 2014北海道 Defender | ディフェンダー110 > 最北限の虹

最北限の虹

礼文島の最北端スコトン岬を出て、香深港からフェリーで稚内へ戻り、島牧に寄って、函館から大間へわたって帰ってきた。

距離にして1800km。その間、高速道路は一切つかわず、下道ばかりを延々ひたすら走った。往路も含めれば、総走行距離は3800kmにおよぶ。愛機ディフェンダーはよく走ってくれた。

下は、帰路のトラックデータをGoogleEarthに展開してみたルート図である(香深→稚内のデータが飛んでおかしなことになっているが)。

140925map

虹をよく見た。一日のうちに何度も虹が出るのだ。あ、虹だ! と気づき、5分後には消えていたりした。写真は雨上がりの夕方、礼文島の久種湖にかかる虹。

140925kusyuko

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2014/09/25/hokkaido2014/trackback/?_wpnonce=b4cc175214
トラックバックの送信元リスト
最北限の虹 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 2014北海道 Defender | ディフェンダー110 > 最北限の虹

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (242)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 中身 2017年1月21日
    こんにちは、です。私達長谷川ゼミ8期生は、今月の1月11日に無事卒論を提出し、卒論の執筆活動は終了しました。卒 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る