ホーム > 未分類 > 薪ストーヴのシーズン開幕

薪ストーヴのシーズン開幕

今年も薪ストーヴの季節が到来した。

昨シーズン終了後に、灰を搔きだして、庫内は掃除ずみ。天板に出ていた錆も、秋にディスクグラインダーで削り落とし、耐熱ブラックを吹いてある。用意はだいぶ前から万端であった。

今日は初焚きという日、昼間のうちに、薪ラックや火かき棒などを、納戸からとりだした。

夕方には、いそいそと薪小屋から薪を運びいれる。薪は、近くの農家からいただいた梨を、うちで割って乾燥させておいたものだ。

庫内に薪を何本か入れ、適当に組む。細めの枝を下に、太めの薪を上に、そして空気がとおりやすいように隙間をあけて組むのがコツ。

141116woodstove01

あらかじめ新聞新などを丸めて突っこんでおく。これが焚きつけ。ここに火をつける。ぼくは古典的にマッチをつかっている。

着火すると、焚きつけから細い枝へ、それから太い薪へと、徐々に火がうつってゆく。

141116woodstove02

火が安定したら扉を閉め、ようすを見ながら、空気を絞ってゆく。

あとはときどき薪を追加してやればいい。

手間はかかるし、着火してから部屋が暖まるまで少し時間がかかる。その代わり、ひろい空間を暖房することができるし、天板は料理につかえる。

なにより、火をながめていられるのがいい。

時間は二種類ある。つねに一定のテンポで流れつづける天文学的な時間と、伸びたり縮んだりする可変的な時間と。そのことを、薪ストーヴはあらためて教えてくれるのだ。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2014/11/16/woodstove2014/trackback/?_wpnonce=ed7748dba1
トラックバックの送信元リスト
薪ストーヴのシーズン開幕 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 未分類 > 薪ストーヴのシーズン開幕

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る