カワセミを見た

カワセミを見た。池の水面から突きでた枝にとまって、じっとしていた。時折、首を伸ばしたり縮めたりするようなしぐさを見せる。

141130kawasemi

これまでも散歩中に何度か見かけたことはあった。だが、こんなに近距離で、しかも長い時間見たのは初めてだった。

最初は赤いおなかをこちらに向けていたのだが、途中でくるりと向きを変え、背中をこちらに向けた。すると、その翡翠色がきらりと光った。こちらがハッとさせられるような鮮やかさだった。

場所は近所の公園である。散歩していたら、大きなカメラをかまえているひとたちがいた。カワセミを狙っているのだった。

ぼくもたまたま持っていたRX100で撮影した。ズームしたものの、カメラの性能上たいして寄れるわけではない。上の写真はトリミングしたものだ。

この日、公園にやってきたのは、床屋さんのおばさんにすすめられたからだった。二十数年かよっているけど、今年の紅葉はほんとにすばらしいわよ、ぜひ行っていらっしゃいと言われたのだ。

141130kouyou01

141130kouyou02

カワセミと紅葉をながめたあと、ちかくの直売所に寄り、子ども用のバットほどもある巨大な大根を買った。そしてそれを肩にかかえて、いつもの散歩コースを歩いた。