ホーム > ゼミ・授業 > OG再訪

OG再訪

ドアをあけると、見慣れた顔があった。この春に卒業したばかりのゼミのOGがふたり、そこに立っていた。ちょっと顔をだしてみました、という。

ひとりは、長野でつづいていた研修があけたところだといった。新しい任地である会津へ、明日には移動するのだそうだ。

もうひとりは、初仕事が形になったのだという。そうして手わたしてくれたのが、これ、『るるぶ茨城版』だ。書店で見かけたら、ちらとでも目を通してやってくださるとさいわいです。

141211rurubu

ふたりとも、変わらずに元気そうであり、また少しだけ大人びた表情になっていた。

いまの世の中は、生温くて狭量で息苦しく、なにかと生きにくい。そんななかでも、これからも背筋を伸ばして胸を張り、歩いていってほしいとおもう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2014/12/11/og/trackback/?_wpnonce=5b289be863
トラックバックの送信元リスト
OG再訪 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > ゼミ・授業 > OG再訪

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る