ホーム > 著作・寄稿のお知らせ > CoSTEP10周年へ寄稿

CoSTEP10周年へ寄稿

北海道大学のCoSTEP(科学技術コミュニケーション教育研究部門)が10周年を迎えたということで、特設サイトが開設されました。そこに、ぼくの書いた「「無知」の可能性について」という短い文章が掲載されています。もともとは、昨年出版されたCoSTEPの記念冊子に寄稿させていただいた文章です。よろしければご笑覧ください。

■特設サイト『10年のあゆみ』
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/10th_contents/

専門分野は異なりますが、CoSTEPのことは、立ち上げの頃からなんとなく知っていました。実際に呼んでいただいたのは、何年前のことでしょうか。そのときはワークショップをおこないました。みなさん熱心で、興味深く愉しい会でした。

ここまで継続して発展してこられるまでには、いろんなご苦労がおありだったことと拝察します。こんにち科学技術コミュニケーションの意義がだいぶ広く認知されるようになったのも、関係の方々のさまざまなご努力の賜物でしょう。

一方で、科学技術コミュニケーション論全体に目を向け、その置かれている立場を考えるならば、それは今ひとつの岐路にさしかかっているようにも見えます。この先どう進んでゆくのか、もしかしたら、それなりに大きな分かれ目なのではないかと。あくまで専門外の素人目には、というに過ぎませんが。

そうした今日的な難しさは、ぼくにとっては、必ずしも他人事ではありません。たとえば、メディアリテラシーのそれとも通ずるところがあるような気がするからです。

ともあれ、どちらも、有意義な方向へ展開してゆくといいなとおもいます。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2015/03/29/costep-3/trackback/?_wpnonce=2275b4e128
トラックバックの送信元リスト
CoSTEP10周年へ寄稿 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 著作・寄稿のお知らせ > CoSTEP10周年へ寄稿

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る