ホーム > 日にち雑記 | 自然の風景 > 夏至と梅

夏至と梅

今年の夏至は今日6月22日だそうだ。

夏至も冬至も、どちらもなんとなく好きな日である。べつに理由はなく、とくに何かをするわけでもない。ぼんやり空をながめていられれば、それでいい。でも、今日は授業があるので、あいにくそんな暇はなさそうだ。この記事も予約投稿である。

この時期は、わが家としては梅のシーズンである。収穫は、先月末から今月初めにかけて。今年はわりに豊作で、ぜんぶで19kgくらい採れた。

150622ume01

梅酒、梅干し、梅ジュース、梅ジャムと、梅の実の状態によってつくりわける。といっても、ぼくは採るだけで、つくるのは《あ》なんだけど。

梅酒を漬けたところ。今回使用したホワイトリカーは、1.8リットルの紙パック8本だ。

150622ume02

こちらは梅干し。いったん重しをして水があがってきたところで容器を移し替え、赤じそを投入する。

150622ume03

梅ジュースがいちばんむずかしい。今年も、せっかく漬けたのに、残念ながら2瓶がカビてしまっていた。もう少し砂糖を多く入れておけばよかったということだった。しのびないので、写真はありません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2015/06/22/summersolstice_ume/trackback/?_wpnonce=02c26bbbaa
トラックバックの送信元リスト
夏至と梅 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 日にち雑記 | 自然の風景 > 夏至と梅

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る