ホーム > 2015九州 Defender | 鉄道と鉄道模型 > 最南端の二つの駅──西大山駅と開聞駅

最南端の二つの駅──西大山駅と開聞駅

開聞岳から下山したあと、まわりをうろうろしてみたときの話を「さんぽのしっぽ」にあげた。

このあたりのスポットといえば、まずJR最南端である西大山駅があげられることが多いのではないか。しかしここは近年急速に俗化したようであり、なんだかひじょうに居心地のわるい場所になっていた。残念なことである。まあ、そう感じるほうが少数派で、じつは多くのひとはこれはこれでオッケーということなのかもしれないのだが。

ぼくが好きなのは、その二つ隣の開聞駅だ。

151027kaimon

「最南端」みたいなわかりやすいキャッチフレーズはない。開聞岳もあんまりよくは見えない。そもそも観光的な要素がほとんどなにもない。けれど地元のひとたちに大切にされている駅の姿がある。この駅なら一日くらいずっと過ごせるような気がする。

もうひとつのスポットをあげるとすれば、開聞岳南岸をまわる周回道路のトンネルであろう。狭くて照明もなく、屈曲していて出口が見えないまま、けっこう長い距離を走らされる。不気味きわまりない。

このトンネルを通過するようすは車載動画にも撮ってある。今回はあげていないが、機会があればそのうちアップしてみようとおもう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2015/10/27/nisiooyama_kaimon/trackback/?_wpnonce=3b171b5d75
トラックバックの送信元リスト
最南端の二つの駅──西大山駅と開聞駅 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 2015九州 Defender | 鉄道と鉄道模型 > 最南端の二つの駅──西大山駅と開聞駅

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る