ホーム > 考えたこと > 「わたし変わってる」と言いたがるひとたち

「わたし変わってる」と言いたがるひとたち

「わたし、変わってる」とみずから口にしたがるひとにときどき出会う。出現するのはときどきかもしれないが、これまでのぼくの人生で出会ったこの手のひとを累計すると、けっこうな数にのぼるような気がする。

中学生や高校生くらいであれば「まぁお年頃だから」で済ませられる話であろう。でも、おっさんやおばさんとよばれるような歳になっても同じ調子で「わたし、変わってる」などと言っているのを見ると、他人事ながら「大丈夫かな」と心配になってしまう。

IMG_2359.JPG – バージョン 2

この手のことを言いつのるひとのなかで、「なるほど、たしかにこのひとは変わっているな」とおもわされたようなケースは一例もない。少なくともぼくの経験の範囲では。

わざわざ自己のことを「変わっている」として他人に強調しなければならないという事実そのものが、みずからがちっとも「変わって」などおらず、いたってふつうで凡庸であることの証明であるだろう。

なぜか。それは「変わっているかどうか」という発想そのものが、他人との比較の上でしか成り立たない尺度であるからだ。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/01/06/kawatteru/trackback/?_wpnonce=bb6bd46d8d
トラックバックの送信元リスト
「わたし変わってる」と言いたがるひとたち - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 考えたこと > 「わたし変わってる」と言いたがるひとたち

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • それらしさから抜け出すこと 2016年12月9日
     こんにちは〈KUJIRA〉です。12月に入りましたね。一回目の卒論提出日まで三週間を切りました。最近はほとん […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る