ホーム > 日にち雑記 > 一本の音楽

一本の音楽

山下達郎さんのコンサートへ行ってきた。今回は中野サンプラザ。そこで村田和人さんが亡くなったことを知った。2月22日のことだったそうだ。ちょうど海外出張と重なっていたこともあり、まったく把握していなかった。

代表曲「一本の音楽」(1983年)は当時の高校生なら誰しも耳にしたことがあるはずだし、アルバム『ひとかけらの夏』は名盤である。どこまでも伸びる透明感のある声がすばらしく、ぼくは好きだった。

160229km

ただ、その後もかれの活動をフォローしていたかというと、そうではなかった。だから、エラそうに何かをいう資格はぼくにはない。

今回ちょっと調べてわかったのは、その後いろいろありながらも、ずっと音楽活動を地道につづけておられたということだ。そしてあらためておもったのは、音楽で長い期間たべてゆくというのは容易なことではないのだなということだった。音楽に限った話ではないのだが。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/02/29/km/trackback/?_wpnonce=c56246207c
トラックバックの送信元リスト
一本の音楽 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 日にち雑記 > 一本の音楽

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る