ホーム > その他の散歩旅 | 日にち雑記 > 山羊をたべる

山羊をたべる

山羊をたべた。まずはお刺身である。たっぷりの生姜をいれた醤油につけて食べる。おもったよりも臭みはない。食感はこりこりという感じ。噛むほどに味わいがある。なかなか噛みきれないのだが。

160303yagi01

こちらは山羊汁だ。暗いところでiPhoneで撮ったため写真がブレブレですみません。三時間かけて煮込むのだという。数に限りがあるのだけどおまけね、ということで、ちいさなお椀にお汁だけいただいた。

160303yagi02

これも臭みはほとんどなく、いい出汁がでておいしかった。山羊汁は前にもたべる機会があったが、そのときはかなり臭いがきつく、まいった記憶がある。ただそれでも、たべているうちにそこはかとなく(山のつかない)羊に似た味や匂いがしてはくる。

山羊焼きもいただいた。塩胡椒した山羊肉をフライパンで焼き、よもぎの葉と一緒にたべる。脂身がすくなくて、やはり歯ごたえがある。山羊肉は貴重で、仕入れ値は牛の三倍もするのだという。

160303yagi03

山羊料理のお供は、まずはオリオンビールで、そのあと泡盛に切り替えた。最初は残波。さっぱりして飲みやすい。つぎはフーチバー。泡盛によもぎの葉をぶちこんだもの。苦くて爽やかな独特の風味が、山羊料理とよくあった。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/03/03/yagi/trackback/?_wpnonce=6fa9c8cf04
トラックバックの送信元リスト
山羊をたべる - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > その他の散歩旅 | 日にち雑記 > 山羊をたべる

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る