ホーム > その他のお知らせ > 山形の空間芸術研究所

山形の空間芸術研究所

建築家の矢野英裕さんは、安藤忠雄先生の東大での講義をまとめたご著書『建築を語る』の編集をしたときの安藤事務所側の担当者だった。一緒に苦楽を共にしたというと大げさかもしれないが、あの本ができるにあたって矢野さんが大車輪で活躍されたことはまちがいない。

その矢野さんが、先ごろ故郷の山形にお戻りになり事務所を開設された。空間芸術研究所という。http://vectorfield.net

山形という土地に根ざしながら世界へ向けて建築を発信してゆくというのは、とても愉しみである。さっそくあちこちから引きあいがあって、開設まもないというのにすでにかなりご多忙らしい。ぼくも陰ながら応援させていただきます。

160330shounai

なお写真は、直接関係ないけど、山形県酒田市から奥山手代林道を北へ向けて走ったときのもの(2010年9月)。正面奥に見えるのが鳥海山である。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/03/30/vectorfield/trackback/?_wpnonce=29a7291ff9
トラックバックの送信元リスト
山形の空間芸術研究所 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > その他のお知らせ > 山形の空間芸術研究所

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • それらしさから抜け出すこと 2016年12月9日
     こんにちは〈KUJIRA〉です。12月に入りましたね。一回目の卒論提出日まで三週間を切りました。最近はほとん […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る