雨・晴れ・桜——春の庄内散歩旅その1

庄内へいってきた。駆け足ではあるものの、ディフェンダーでの遠出は三カ月ぶりだ。なるべく高速道路はつかわず、下道を走った。ディフェンダーにもぼくにも、そのほうがあっている。GPSで記録した往復の走行ルートを下に示す。

160428shonai_map

往路はまず柏から新利根川橋をわたって守谷へ出、R294をえんえんと北上した。真岡までは忍耐の走行がつづくが、その先は快走。

白河から先、東北へ入ると、こちらはまだ桜が満開だった。天候はいまひとつだったが、それでも春の東北の桜はすばらしい。写真は天栄村の道の駅にて。

160428shonai01-01

R294で猪苗代湖を南から西へまわりこみ、磐梯へ出る。喜多方からR121で大峠を越えて山形県へ。

160428shonai01-02

JR高畠駅の駅舎にある日帰り温泉に入った。駅舎内に温泉とは珍しいが、地元のひとが銭湯代わりにつかりにくるらしく、いい感じである。300円。この日は駅前の無料駐車場の片隅を借りて車中泊した。

160428shonai01-03

翌朝は雨。出発するころには小止みになり、西へ向かって走りだすとすぐに晴れた。ところが、よく見ると、その前方にはまた分厚い雲が迫っている。

160428shonai01-04

やがて雨粒が落ちてきて、R113で小国を越えるころにはどしゃぶりになった。気温4度。風も吹く。ちょっとした嵐みたい。

160428shonai01-05

峠付近には雪も残っていた。

160428shonai01-06

その2へつづく。