ホーム > Apple | ガジェット > ドコモからIIJへ乗り換え

ドコモからIIJへ乗り換え

iPhone5Sを買うときにソフトバンクからドコモへ乗り換えた。以来二年と一カ月。この春ようやく二年縛りがあけたので、さっそくMVNOのいわゆる格安SIMへ乗り換えることにした。

まずはドコモへ電話して、MNP予約番号を発行してもらう。ぼくのばあい3台(3回線)あるので、すぐには済まなかった。お願いしたあといったん電話を切り、15分後くらいにあらためて連絡が入った。いちおう「安いプランもあるのでご検討を」と残留を誘われたけど、きっぱりお断りする。先方も半ば形式的な感じだったようにおもう。なおわずかばかり溜まっていたdポイントやドコモポイント(いまだに区別がよくわからん)は熊本大地震義援金に寄付させていただきました。

予約番号をもって有楽町のビックカメラへゆく。ここで「BIC SIM」という名称で扱っているIIJが乗り換え先である。ぼくの香港版iPad mini(セルラー)は国内ではビッグローブの格安SIM(データ通信専用の最安プラン3GB900円+税)をつかっており、これまでとくに大きな問題はない。今回IIJにしたのは、老舗ということもあるけど、3回線まとめてファミリーシェアプランというのに申し込むためだ。

ファミリーシェアプランは毎月の上限は10GB(3回線合計で)。過去の実績からしてこの範囲でおおむね収まるはず。料金は、音声通話付きのSIM3枚分をまとめて税込月額だいたい5000円ちょっとで収まるみたいだ。ドコモの1台分料金が7000円弱だったから、1/3以下にまで下がる(はず)。助かります。その他ドコモとIIJにそれぞれ手数料みたいなものがいくらかずつ生じる。なおドコモは解約対象月のため違約金は発生せず。

160515iij

カウンターで申し込み、SIMが発行されるまで、一時間半くらいかかった。

自宅に帰ってから、SIMを入れ替える。Wi-Fi環境下で作業するのが望ましいとのことだ。というのも、APNファイルをインストールする必要があるからなのだが、簡単である。Safariで指定のURLへアクセスし、APNファイルをインストールすれば、作業は終わりだ。

なお任意でapp storeから「みおぽん」(通信速度アップのクーポンをオン/オフできるアプリ)と「みおふぉん」(電話アプリ)をダウンロードすることもできる。ぼくはいちおう両方ともインストールしたけど、たぶんほとんどつかわないだろうとおもう。

ひとつだけ誤算があった。ビックカメラで買うとIIJにはWi2 300のWi-Fiアクセスがおまけで付いてくるのだけど、対象となるのは代表回線ひとつだけなのだそうだ。

使い心地については、《みの》いわく、ちょっと速度が遅くなったというのだが、はたしてどんなものだろう。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/05/16/iij/trackback/?_wpnonce=d4d0b861d1
トラックバックの送信元リスト
ドコモからIIJへ乗り換え - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > Apple | ガジェット > ドコモからIIJへ乗り換え

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • それらしさから抜け出すこと 2016年12月9日
     こんにちは〈KUJIRA〉です。12月に入りましたね。一回目の卒論提出日まで三週間を切りました。最近はほとん […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る