ホーム > 2016 ヨーロッパ | 考えたこと > アトラクションの源流を歩く——プラーター公園の観覧車とミュージアム 1/3

アトラクションの源流を歩く——プラーター公園の観覧車とミュージアム 1/3

遊園地や遊戯機械()は、テクノロジーと身体が結びついた新たな経験をとおして、身体と知覚を改変・再編成してゆく代表的な場所であった。拙著『』のなかでも述べたとおり、ぼくはそう考えている。

空間やその背後にあるイデオロギーについては建築史、美術史、社会学などの諸分野で既往の蓄積がかなりあるが、テクノロジーと身体との結びつきやそれらの運動のあり方(日常的実践)に焦点をあわせたような知見は必ずしも多くはない。「アトラクション」概念に見られるようなぼくの問題関心の新規性(それは反面「分かりにくさ」でもあろうが)は、そのあたりにあるだろう。

近代的な意味での遊園地が成立するのは19世紀ヨーロッパ。その最初期の代表的な例がウィーンのプラーター公園である。というわけで、ウィーン滞在中にトラムを乗り継いでプラーターへ行ってみた。

160920prater01

駅を抜けると、広大な公園の手前の区画が遊園地になっていた。遊園地の入場料は不要で、アトラクションごとに料金がかかるしくみ。

プラーターといえば、映画『』(1949)である。第二次世界大戦で破壊されたウィーンの街は、米英仏ソの四カ国に分割統治されていた。作品中で象徴的につかわれて有名になったのが、この観覧車だ。

160920prater02

こうしてみると、日本のそれとは違い、キャビンがかなり大きい。小部屋ほどもあろうかという勢いだ。以前に見たシンガポール・フライヤーのそれほどではないとはいえ、こんなふうに大きなキャビンをもった観覧車は日本ではなかなか見かけない。

160920prater03

園内にはもうひとつ、新しい観覧車もあった。こちらのキャビンは小ぶりである。

160920prater04

新旧の観覧車の位置関係はこんな感じだ。

160920prater05

観覧車には乗らなかった。だがあとでウィーンの友人に、とくに古いほうの観覧車にはぜひ乗るべきだよと叱られた。つぎに行ったときに乗りますから。

遊園地内には、新旧さまざまなアトラクションが設置されていた。

これはバーチカル・スウィング。年代物である。

160920prater06

バーチカル・スウィングは旋回塔の一種だ。旋回塔は水平方向へ円運動するだけだが、バーチカル・スウィングはそのとき同時に上下に動く。

160920prater07

アトラクションは、一見するといろんなバリエーションが多様にあふれているように見えるが、それらはほとんど設定とか装飾のレベルの話である。機械の運動(動きのパターン)という観点から見れば、じつはバリエーションはそれほど多くはない。

園内はそれなりに混んでいた。レストランもあって、早くもビールを飲んでいる観光客の姿もあった。

アトラクションの配置の仕方はかなり行き当たりばったり感が強い。ディズニーランドのように、区画をさだめてテーマを設定するなどというようなことはない。ただ、テーマパーク以前の遊園地がどこもそうだったかというと、それは事実ではないので、注意しておく必要がある。

160920prater08

こちらはトイレ。こんなふうに、かなり古そうな施設も散見された。これも歴史ある所以であろう。

その2へつづく。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/09/26/prater01/trackback/?_wpnonce=a7c8174059
トラックバックの送信元リスト
アトラクションの源流を歩く——プラーター公園の観覧車とミュージアム 1/3 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 2016 ヨーロッパ | 考えたこと > アトラクションの源流を歩く——プラーター公園の観覧車とミュージアム 1/3

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る