ホーム > 自然の風景 > 彼岸花

彼岸花

散歩の途中に見かける彼岸花。先週はこんなようす。ちょうど見ごろだった。

161004higanbana01

こちらはその前の週、つまり二週間前のようす。まだ芽が伸びてきたところで、花には少し早かった。

161004higanbana02

そして今週はもう枯れて、花はほとんど散ってしまっていた。

彼岸花は不吉なイメージと結びついているのだそうだが、個人的にはむしろ、ちょっとふしぎな植物だという感覚のほうが強い。

というのも、花が散ったあと葉が出て冬を越すが、春に葉が枯れると、あとは地上にまったく姿を表さないまま夏を越すからだ。なんとなく、蝉の生態を連想してしまう。

さらに個人的なことをいえば、人生最初の(映画館で観た)小津安二郎監督映画が『』だった。それが幸運だったかそうでなかったかはともかく。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://swingbooks.jp/2016/10/03/higanbana/trackback/?_wpnonce=4f234f5ed3
トラックバックの送信元リスト
彼岸花 - 散歩の思考 : SwingBooks.jp より

ホーム > 自然の風景 > 彼岸花

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 後悔先に立たず 2016年12月5日
    こんにちは、<うにょらへ>です。いつの間にか12月になっていました。師走です。師が走る月と書いて師走ですが、今 […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る