ホーム > お知らせ > サイト更新のお知らせ

サイト更新のお知らせのアーカイブ

ハウパーヴィラを見にゆく

ハウパーヴィラを見にいってきた話を「さんぽのしっぽ」にて公開しはじめた。

ハウパーヴィラとは、シンガポールにある面妖なテーマパークである。フィギュア1000体、ジオラマ150点ほどあるそうだが、それらが中国の民間伝承などを再現している。

というと目的は高邁におもわれるだろう。ところが現地へいって実際に目にすることになるのは、たとえばこんなものである。

160714hpv

高邁な理念と、キッチュにして異様な現実。両者間の落差は著しいことこのうえない。いったいどこがどうなったがゆえに、こんなことになってしまっているのか。それがぼくの関心である。

さんぽのしっぽ」では小むずかしい話はせず、とにかく写真を中心に、この「怖たのしい」世界のようすを紹介してみようとおもう。よろしければごらんください。

いまのところ第3回まで公開ずみ。いちおう全7回を予定している。収まるかなあ。

旅の栞——OBOGコラムvol.8公開

ゼミのOBOGコラム「旅の栞」に、第8弾「かけるのは、時と醤油と数と文章」を公開しました。

160712fumin

執筆者はゼミ2期生の〈ふーみん〉さん。

『時をかける少女』で卒論を書いてから5年。「平凡な大人」を生きる意味について、発見したことや考えたことが綴られています。

クラゲを見にゆく

春の庄内散歩旅(全4回)を書いたが、そのとき見学した加茂水族館と、そこに展示されているクラゲについて「さんぽのしっぽ」のほうにあげた。よかったらご笑覧ください。

160503kamo

加茂水族館は展示も立地も含めて、なかなかにいいところである。館からながめた日本海は絵に描いたようだ。いまにも日本海の荒波に洗われそうな場所にたっているのだ。

個人的に興味深かったのは、この小さな水族館にまつわる言説のパターンである。

 ➤  つづきを読む

旅の栞──ゼミOBOGコラムvol.7公開

ゼミのOBOGコラム「旅の栞」に、第7弾「平成版・東京ガールズブラボー? ──都内で働き暮らす日々のなかで考える」を公開しました。

150915obogsarada

執筆者は第5代ゼミ長の〈サラダ〉さん。

旅行雑誌の編集の仕事につき、憧れの東京「クリエイティブ」ライフに踏みだした高揚感、そこでぶつかった現実、そしてそのなかで学んだことが率直に綴られています。

主要著作ページのアップデート

おかげさまで『大学生のためのメディアリテラシー・トレーニング』がぶじ刊行されたこともあり、この機会にと、本サイトの「主要著作」ページの内容をアップデートしました。

完全なリストではありませんが、主たるものはおおむね拾ってあるはずです。「主要」と称する所以です。

前回の更新はなんと2009年。6年間も放置していたようで、さすがにちょっと反省しております。

ホーム > お知らせ > サイト更新のお知らせ

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る