ホーム > 散歩旅にでる > 2014南房総 W800

2014南房総 W800のアーカイブ

息子と南房総タンデムツーリング 2/2

次男《なな》とタンデムツーリングに出かけた話のつづき。

野島崎に到着した(1350)。

140328nanbou12

灯台に登ってみることにした(200円)。ここへ来た観光客の大部分は登るのだろう。上はけっこう混みあっていた。高いところに、なぜひとは登りたがるものなのか。

140328nanbou13

灯台の上から海をながめる。東→南→西→北と順に写真を撮ってみた。バイクツーリング用として2月に買ったソニーRX100IIの初投入でもある。

140328nanbou14

140328nanbou15

140328nanbou16

140328nanbou17

灯台内部は狭いといえば狭い。だが、数年前に訪れた伊勢の大王崎灯台にくらべれば、階段の横幅などにだいぶ余裕があるね、と《なな》がいう。

140328nanbou18

140328nanbou19

岩場を歩く。いつのまにかこんな石碑が建っていた。

140328nanbou20

最南端ちかくに古い建物が建っていた。窓ガラスは割れ、荒れている。何なのだろう?

140328nanbou21

ぐるりとまわって駐車場に戻った。福島のいわきからツーリングで来たというスキンヘッドのおじさんに話しかけられた。海沿いを南下しているのだという。昨日は銚子に泊まり、今日はここに宿をとっているのだという。タンデムシートに坐った《なな》を見て、いいなあ、おれも息子と一緒に来てえなあ、と言った。

140328nanbou23

1445野島崎を出発。R410から県道257に入る。このあたり房総フラワーラインと称しているらしい。平砂浦のあたりは、ちょうど正面から日が差していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自転車のひとたちがたくさん走っていた。競技会でもあるかのような気合いの入れ具合である。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洲崎をすぎると、道は東へ向きを変え、館山湾を北側に見て走る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このあたりで、タンデムシートの《なな》がちょっとふらつく。眠い? と訊くと、ちょっと眠いと《なな》が答えた。寝ちゃだめだよ、と声をかける。バイクのタンデムでうっかり寝てしまったら、転落必至である。いまはインターコムなどの製品もいろいろ出ているようだが、そんなものはもっていない。昔ながらの、身体と声のコミュニケーションだけが頼りだ。

館山市内を脱けて、R128→県道88と走って、道の駅三芳村鄙の里に到着(1545)。

ここはビンゴバーガーという巨大ハンバーガーが有名だという。《なな》に勧めてみたが、辞退された。代わりに、枇杷ジュースを飲む。一本290円。おいしかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

直売所でみかんや生落花生などを買う。それらお土産は《なな》の背負ってきたデイパックに詰め込んだ。

さらに《なな》が青竹を見つけ、買うことになった。なんと200円である。しかし、バイクでどう持ち帰ったものか。けっきょくリアキャリアにネットで縛りつけることにした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1625出発。県道88→県道34(長狭街道)→R410とひたすら北上。峠を越えて上総松丘の手前、小櫃川を渡ったところで、地元の車の流れにのって、R410からはずれ、裏道に入った。ところがこの道はやたらな勢いで流れる快走路だった。あとでツーリングマップルを見たら「小櫃川広域農道」と記してあった。

小櫃からR410のBPに復帰。圏央道の木更津東ICを横目に北上した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに県道24に入って北上をつづけ、給油したのち、姉崎袖ヶ浦ICから館山道に乗った。

まもなく日が暮れた。

蘇我・穴川間で渋滞にはまった。その先もまた渋滞だという。そこで東関道へまわり、湾岸市川ICで降りた。夕方のラッシュの時間帯とて市内も混んではいたが、1940には帰宅することができた。

《なな》の感想。一日バイクに乗ってお尻が痛くなった。でも怖くなかったし、愉しかった、とのこと。また機会があれば行きましょう。

今回のトラックデータは下のとおり。走行距離は308kmであった。

140328minamibousou-log-image

おしまい

息子と南房総タンデムツーリング 1/2

この春から高校生になる次男《なな》と、W800でタンデムツーリングに行ってきた。行き先は南房総だ。

子どもとタンデムツーリングに行くのは初めて。そもそも《なな》がバイクに乗ること自体、初めてである。

乗車前に、まずタンデム時の注意点を簡単に話しておく。マスクをしているのは、花粉症のため。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

0850に出発。混みあう市内を脱ける。京葉道路も渋滞。忍耐の時間帯である。蘇我をすぎたら流れ始めた。

市原ICで降りてR297BPを走る。

道の駅あずの里いちはらで最初の小休止。菜の花が咲いていた。

140328nanbou02

このあと房総のあちこちで菜の花の黄色を目にすることになった。いい季節である。

小湊鉄道と併走しつつ、しばらく県道を南下した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光風台でR297へ復帰。踏切を越えると、線路脇に菜の花が群生していた。その陰に隠れて、警官の姿があった。踏切一時停止のチェックをしていたものとおもわれる。

上総牛久の先から県道81へ。「清澄養老ライン」と称するのだという。ひらすら南下してゆくと、養老渓谷だ。「渓谷」といっても、そこは全国でもっとも地理的高低差の小さい千葉県のこと。きわめて控えめな「渓谷」でしかない。

ここに数軒の温泉宿がある。そこをすぎると、まもなくR485にぶつかる。右折してしばらく西進。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

七里川温泉のところで左折すると、また県道81に入る。

この先は狭小路のつづら折り。杉林のなかを脱けてゆく。花粉症の《なな》にはきつかろうとおもわれたが、本人は初めてのワインディングで、けっこう愉しかったらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

波切不動をすぎ、海が見えてきた。天津小湊にでる。ここでR128にぶつかるので右折。南房総をめざす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和田から県道297に入って海岸沿いをすすむ。とても穏やかに晴れた日だったのだが、このあたりまで来ると南から風が吹いていた。

R410に合流して少しゆくと千倉だ。千倉といえば、先日急逝されたイラストレーター安西水丸氏の故郷である。

「網元」という食堂に入った(1240)。

140328nanbou07

《なな》はお魚料理が大好きだ。お刺身盛り合わせ(竹)と鯨の竜田揚げをたのみ、ふたりで分ける。

140328nanbou08

140328nanbou09

お刺身のほうは定食になっている。それ以外の料理は別に「ごはんセット」というのをたのむ。ごはんとお味噌汁、お漬け物、小鉢が二皿つく。

140328nanbou10

いずれもおいしくいただいた。とくに鯨は、これが鯨肉とは信じられないほどやわらかかった。

お店のひとから、地元でやっているキャンペーンの応募用紙の記入を勧められた。そこに、ひと言コメントを書く欄があった。バイクで来ました、とぼくは書いた。春から高校生になります、と《なな》は書いた。

1330再び出発。房総最南端の野島崎をめざす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つづく。

ホーム > 散歩旅にでる > 2014南房総 W800

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る