ホーム > 乗りもの

乗りもののアーカイブ

代車アドレスV50

愛機W800の二度目の車検。といっても去年今年とほとんど乗っていないが。今回の代車はアドレスV50だった。

170117adressV

前回は代車のDトラッカーで九十九里まで出かけたりしたけれど(そのときの記事)、今回はもろもろ取り込み中ゆえ、残念ながらそんな暇は一切なし。

50ccくらいだと、小回りが抜群だ。文字どおりエンジン付きの自転車という感覚である。ただ、守らなければならない法規に大型バイクと違う点があるので(二段階右折やら制限速度やら)、ふつうの道はいまいち走りにくく感じられた。

個人的にもし買うのなら110ccのカブかなあ。

9か月ぶりのW800 2/2

9か月ぶりにW800を動かした話のつづき。

腹ごなしに金精峠を越えてみた。群馬側に入って最初のドライブインでUターンして戻る。峠付近の稜線にはうっすら白いものがあった。

161105nikko08

峠のトンネルを出たところから男体山を見下ろした。

161105nikko09

161105nikko10

 ➤  つづきを読む

9か月ぶりのW800 1/2

9か月ぶりにW800に火を入れた。最初は後輪から少し異音がした。やはり機械は定期的に動かしておくべきである。人間のからだと同じだ。

R4バイパスを北上。古河あたりのボトルネックが解消されたため、流れもよい。埼玉でR4バイパスに出たところから1時間20分ほどで宇都宮に着いた。

そのままR119で日光へ向かう。

161105nikko01

日光市街をすぎたところで、目の前をサルが横断していった。子ザルが親ザルの背中にとりついているのが見えた。写真はトリミングして拡大したのでだいぶ粗いが勘弁を。

161105nikko02

紅葉はもうピークをすぎて枯れ気味だった。予報は「快晴、北の風で気温は低め」ということだったが、実際はまったく違った。終始どんよりと曇ったままで、ときどき雨粒も落ちてきた。気温は、いろは坂の手前で3度。中禅寺湖畔は0度前後だったとおもわれる。

 ➤  つづきを読む

セカンド・レンジ

愛機ディフェンダーは現在車検中。今回は当初は代車なしのつもりだったのだが、けっきょくお借りすることになった。それがこの二代目のレンジローバー、いわゆるセカンド・レンジである。

161007secondrange

そういえば、前にクラシック・レンジを借りたこともあった。

セカンド・レンジは、基本ゴト車のディフェンダーとはちがい、オートマで乗り心地も快適である。ただし燃費はおそろしく悪いうえ、ハイオク指定。

N工場長いわく「ガソリンモデル・オーナーの苦しみが味わえる」とのこと。世の中にはあんまり味わいたくないものもある。

フランクフルトでジープ・レネゲードを借りる

フランクフルト空港で車を借りた。日本から予約していったので、手続きはスムーズだった。

いまはネットで安い予約ができるサービスもあるが、比較したうえで、HISでやっている保険フルカバーと走行距離無制限の全部込みパッケージで予約していった。どのみち保険をフルカバーにするし、現地でいろいろ面倒なのも嫌だし。

HISのばあいドイツだとHERTZ一択だった。ひとりなので車のサイズはコンパクト・クラスで十分だったのだが、予約時点で空きがないといわれ、インターミディエイトにした。それでも、先述の安いサイトと比較して、保険まで入れた同じ条件で差は一万円ほどだった。

160824jeep01

フランクフルト空港の地下深くにあるうら寂しい場所にカウンターをようやく探しあて、手続きを済ませた。すると、じつはまだ車がないと言われた。予約した時間より30分早いからだという。じゃあ30分後にまた来ようかというと、10分だけそこで待てという。言われたとおり10分待ってわたされた車が、これだ。

160824jeep02

ジープのレネゲード (Renegade)。ジープがこんな小ぶりの車種をだしていたとは知らなかった。ホンダが昔だしていたのに似たような姿のがあったような気がする。ヨーロッパでアメ車を相棒にすることになるとはおもわなかったが、フィアットと共同開発していて、じつはイタリア製なのだそうだ。

 ➤  つづきを読む

ホーム > 乗りもの

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 自分の力 2017年3月22日
        みなさん、こんにちは。いちご大福です。私はこの春休みに、卒業旅行としてイタリアとクロアチアに行ってきま […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る