ホーム > タグ > ヒトラー最期の12日

ヒトラー最期の12日

映画『帰ってきたヒトラー』――大衆迎合主義の「正しい」実践法 2/2

帰ってきたヒトラー』の話のつづき。前回はこちら

オリヴァー・マスッチ演じるヒトラーは、ヒトラーがたんなる「怪物」や「極悪人」なのではなく、またそのように理解してしまうことの危険性を説得的に示している。

かれがなぜ選挙で選ばれ、あれだけのひとびとの支持を集めることができたのか。それは、かれ自身がひとを惹きつける「魅力」をもち、人間の心の奥底をとらえる洞察力をそなえ、それらを十全に機能させるためのテクニックに通じていたからだ。

ドイツ全国行脚の場面をはじめとする諸場面は、マスッチ扮する「ヒトラー」が実際の街中へ入っていき、ふつうの市民と話をするというドキュメンタリー的な手法で撮られたという。実在するらしい右翼的な政治団体の事務所へ乗り込む場面まである。おまえらのやり方じゃ生温いんだみたいなことをいって罵倒したりするのである。

どこまでが仕込みで、どこまでがセミドキュメンタリーなのかは、観ているだけでははっきり判別はできない。いずれにしても、演じるほうも演じさせるほうも、よくそこまでやったものだと感心する。

 ➤  つづきを読む

ホーム > タグ > ヒトラー最期の12日

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る