ホーム > 散歩旅にでる > 2014北陸若狭神戸

2014北陸若狭神戸のアーカイブ

千里浜なぎさドライブウエイ

神戸へは北陸・若狭まわりで入ったのだが、そのトラックデータをGoogleEarthに展開してみたのがこれ。

140609hokurikuwakasa_map

なお能登と敦賀や若狭ではいくつかの原発PR施設を再訪した。その話は、別の場所に書く。

能登からは日本海沿いを南下した。一度走ってみたかったのが、千里浜なぎさドライブウエイだ。ここは砂浜が道路になっている。

140609nagisa01

砂浜なのだが路面はしっかり締まっている。タイヤが埋まるようなことはない。ふつうの乗用車やバイクでもまったく問題ない。観光バスもがんがん走っている。

とりわけディフェンダーは、この風景にいちばんよく似合っているとおもう(親バカ状態である)。

140609nagisa02

海の家のような屋台がならんでいるところがあった。いずれも貝焼きのお店であるようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お店から砂浜に向かって、板がわたされている。船着き場みたいである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一軒のお店に入った。勧められて、「白貝」というのを焼いてもらう(600円)。それにノンアルコールビール。これがこの日のお昼ごはんであった。

140609nagisa05

おばさんがひとりで店を切り盛りしていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先代から数えて、もう47ー8年も、ここで店をやっているのだという。3月から11月まで毎日営業。潮干狩りもできるし、夏は海水浴もできる。ただし波が高いと道路が閉鎖されるので、そのときはお休みするのだそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また南へ向かって砂浜を走る。渚でたわむれる見知らぬカップルなど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらくすると「終点」という看板があった。なぎさドライブウエイの全長は8kmほど。またゆっくり来てみたい。

長田と鉄人28号

神戸に行ったら、ぜひ見に行きたかった。長田にある鉄人28号である。

140608nagata01

場所はJR新長田駅からすぐの公園だ。ぼくが行ったときは、朝だったせいもあるかもしれないが、地元の小学生たちのたまり場になっていた。

140608nagata02

足許には、ご多分に漏れず、落書き。釘や石の尖ったところで塗装を削って描かれている。内容は、誰だれと誰だれがラブ、みたいな定番もあれば、アンパンマンの絵もある。この足、鉄人28号のなんだけど。

140608nagata03

落書きの写真を撮っていたら、遊んでいた小学生に声をかけられた。おっちゃん、なに撮ってんの? 落書きと答えたら、ちょっと離れた場所で遊んでいた友だちを呼ぶ。おーい、ちょっと来い。このおっちゃん、さっきあんたの描いた落書きの写真を撮ってるで。するとその子は、いややー、止めて! と言って笑っていた。

長田のアーケード街の奧に、鉄人28号と三国志の展示をしている一画があった。

140608nagata04

ここで鉄人28号モニュメントのメイキング映像を見た。阪神淡路大震災からの復興記念であると同時に、観光の呼び物となることをめざしてつくられたという。ハードウエア面での復興は一定程度完了したものの、いまひとつ活気が戻らない。ということで、神戸出身の横山光輝のマンガを軸にしたまちづくりをはかっているということらしい。ただ、ぼくが訪問したときのアーケード街は、週末というのに必ずしも人影が濃いとはいえない様子だった。鬼太郎で大成功した境港のようなわけには、なかなか行かないようである。

140608nagata05

向かいには、震災ミュージアムというコーナーがあった。

140608nagata06

パネル展示が主である。阪神淡路大震災から、もう20年たつ。

140608nagata07

140608nagata08

アーケードからはずれると、古い「市場」があった。

140608nagata09

なかの通路はこんな感じ。両側にシャッターがならんでいる。何軒かのお店は営業していた。東京だと立石の商店街で、これにちょっと似た造りを見たことがある。

140608nagata10

このあたりの風景は、昭和がそのまま続いているように感じられた。長田のなかでも、このあたりは震災での被災をまぬがれたのだろう。そもそも長田は戦災にも遭っていないのだという。

再びアーケード街に戻る。八百屋さんがあり、魚屋さんがあった。

140608nagata11

140608nagata12

関東大震災のあと兵庫に転居してきた谷崎潤一郎は、関西の食の豊かさにおどろいたそうである。これらの店先のようすを目にしたとき、谷崎のその感慨を思いだした。

ホーム > 散歩旅にでる > 2014北陸若狭神戸

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (144)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (240)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 積み重ねの先にあるもの 2016年11月27日
     こんにちは。<チャーリー>です。 とうとう、卒論のゼミ内提出までの日数は残り1ヶ月を切りました。最近わたしが […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る