ホーム

散歩の思考 : SwingBooks.jp

The Big Houseに行ってみた

想田和弘さんたちの映画『The Big House』の試写の翌日、ぼくも実際にThe Big House、すなわちミシガンスタジアムへ行ってみた。どういう趣旨かはよく知らないのだが、この日のフットボールゲームはチケットなしで無料で入場できるという。これはMarkさんに教えてもらった情報だった。ちなみにレギュラーシーズンのチケットはとんでもなく高いらしい。

小一時間ほど歩いてゆく。大勢のひとたちがスタジアムをめざして歩いている。大半は青地に黄色のMichiganカラーのシャツを着ている。駐車場も見渡すかぎり車で埋まっていた。

170417BigHouse01

The Big Houseはでっかい「M」印が目印である。ミシガン大学のロゴなのだ。なおこの「M」印は電光掲示板の裏側である。南と北(つまり各ゴール裏)にそれぞれひとつずつ設置されている。

いつものようにデイパックを背負っていったら、ゲートで呼び止められた。バッグはチェックを受けたうえで預けなければならないという。それでバッグチェックの場所を訊いて、預けた。昼食用にもってきたリンゴをバッグからだそうとしたら、係のおじさんに止められた。食べ物飲み物の持ち込みは一切不可だそうだ。東京ディズニーランド並みである。

続きを読む

『The Big House』を観る

想田和弘さんのドキュメンタリー映画(かれの言い方でいう観察映画)『The Big House』の試写を観た。

想田さんは、昨秋からミシガン大学Center for Japanese Studiesのトヨタ招聘教授として教えておられる。その授業のプロジェクトとして、Markus Nornes教授(ぼくを受け入れてくださった教員でもある)とTerri Sarris教授、それに学生十数名でもって製作したのがこの作品だ。

170414TheBigHouse_Banner

The Big Houseとは、ミシガン大学が所有・運営するフットボール場の愛称である。米国の大学スポーツのなかでもフットボールは花形なのだそうだ。収容人数11万人弱は、アナーバー市の人口をほぼまるまる収容可能な規模であり、全米最大らしい。

作品は、このThe Big Houseを舞台に、そこに往来する人びとをていねいに捉えてゆく。そしてまた製作時期がちょうど米国の大統領選挙の時期とも重なっており、それがこの作品の通奏低音ともなっている。

いい作品だ。今回はできたてほやほやの学内・関係者向けのプレビュー。一般公開はこれからだという。だから内容については直接は触れず、ぼくの感想だけ記しておく。

続きを読む

アナーバーで『君の名は。』を観る

ぼくはいま米国ミシガン州の大学街アナーバーにいる。到着して一週間とちょっと経った。昨日はちょうど北米でも公開されたばかりの『君の名は。』を観てきた。

日本のアニメが好きだというミシガン大学の学生の集まり(日本ふうにいえばサークルみたいなものなのかな?)に “Animania” というグループがあり、そこからアナウンスが流れてきた。それでアナーバーでも観られるのだと知った。

正確にいえば、映画館があるのはアナーバーの隣町イプシランティである。Ypsilanti と綴る。ふしぎな地名である。

ぼくは大学から6番のバスに乗っていった。いってみたら、案の定、車なしで来るような場所ではなかった。まっ平らなところに広大な駐車場と、お餅を上からたたきつけたみたいに横にひろがった建物があった。

続きを読む

アメリカ大使館でビザ面接

昨日、朝一番で赤坂のアメリカ大使館へ行き、ビザ面接を受けてきた。

大使館前は厳重警備中だった。太い棍棒のようなものを手にした警官が立哨していた。「ビザ面接です」というと通してくれた。受付でiPhoneを預け、空港で見るような探知機をつかった厳重な持ち物検査をくぐり抜けて、敷地内に入る。

170203visa

建物の入り口前で書類のチェックをうけたあと、もう一度持ち物検査がある。それを通過すると、面接会場だ。なかは鉄道駅の切符売り場のようになっている。

まず1番窓口にパスポートと書類一式を提出する。しばらく待つと、銀行の待合室のような自動音声案内と電光掲示でじぶんの番号が呼ばれる。別の窓口で指紋の採取である。両手の指10本。そのあとさらに別の窓口へ移動して面接となる。

続きを読む

シバミノルのアーティスト・イン・レジデンスと個展

ゼミ1期生のシバミノル、最近は浜松方面で「制作場所提供事業」(アーティスト・イン・レジデンスの役所ふうの言い方らしい)に採択され、活動しているようです。中日新聞にも記事が掲載されました。主題はむしろ事業そのもののほうですが、ちゃんと「画家」と紹介してもらっています。
▼中日新聞web
昭和初期の警察署 無償のアトリエに
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170201/CK2017013102000269.html

シバミノル個展2017フライヤー

この場所で、シバミノルが個展をひらくそうです。

  • 「ここにいる」
  • 日時:2017年2月18日(土)—2月26日(日)1000−2000(2/20休館)
  • 場所:浜松市鴨江アートセンター
  •  浜松市中区鴨江町1番地
  •  Tel: 053-458-5360
  • ワークショップ「くろにかく」:2月18日(土)第1回1500、第2回1600
  • http://shibaminoru.jimdo.com

みなさま、どうぞよしなに。

ホーム

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (146)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (243)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 先入観 2017年3月24日
       こんにちは、〈うさぎ〉です。わたしたち8期生は、先日明治学院大学を卒業しました。最近は桜の花もちらほらと […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る