ホーム

散歩の思考 : SwingBooks.jp

アトラクションの源流を歩く――プラーター公園の観覧車とミュージアム 3/3

プラーター公園にいった話その2のつづき。

人間の形をしたモノ、というのも重要なモチーフである。

これは人体模型。かなり精巧な出来だ。なまめかしくさえある。

160920prater14

背後からわざわざ内臓を見せたりもする。これも建前や名目はどうあれ、娯楽として受容されたという点が重要だ。現代のロボットやアンドロイドを考えるうえでも欠かせない視点だとおもう。

160920prater15

こちらはオートマトン(自動人形)。

 ➤  つづきを読む

アトラクションの源流を歩く――プラーター公園の観覧車とミュージアム 2/3

プラーター公園にいった話その1のつづき。

観覧車のちかくにプラーター・ミュージアムがあった。

160920prater09

ロビーで、おじさんがおばさんとソファに座って話し込んでいた。そのおじさんがミュージアムの店番だった。ぼくが館内に足を踏み入れようとすると、うしろからあわててやってきて、5ユーロ、と言った。ぶっきらぼうで、英語もあまり解さないようだったのだが(ぼくもそうだけど)、悪い感じのひとではなかった。

展示は個人の収集した資料が中心なのだという。絵葉書、写真、ポスターを中心に、当時つかわれた機械なども展示されていた。

160920prater10

 ➤  つづきを読む

アトラクションの源流を歩く——プラーター公園の観覧車とミュージアム 1/3

遊園地や遊戯機械(アトラクション)は、テクノロジーと身体が結びついた新たな経験をとおして、身体と知覚を改変・再編成してゆく代表的な場所であった。拙著『ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか』のなかでも述べたとおり、ぼくはそう考えている。

空間やその背後にあるイデオロギーについては建築史、美術史、社会学などの諸分野で既往の蓄積がかなりあるが、テクノロジーと身体との結びつきやそれらの運動のあり方(日常的実践)に焦点をあわせたような知見は必ずしも多くはない。「アトラクション」概念に見られるようなぼくの問題関心の新規性(それは反面「分かりにくさ」でもあろうが)は、そのあたりにあるだろう。

近代的な意味での遊園地が成立するのは19世紀ヨーロッパ。その最初期の代表的な例がウィーンのプラーター公園である。というわけで、ウィーン滞在中にトラムを乗り継いでプラーターへ行ってみた。

160920prater01

駅を抜けると、広大な公園の手前の区画が遊園地になっていた。遊園地の入場料は不要で、アトラクションごとに料金がかかるしくみ。

プラーターといえば、映画『第三の男』(1949)である。第二次世界大戦で破壊されたウィーンの街は、米英仏ソの四カ国に分割統治されていた。作品中で象徴的につかわれて有名になったのが、この観覧車だ。

160920prater02

こうしてみると、日本のそれとは違い、キャビンがかなり大きい。小部屋ほどもあろうかという勢いだ。以前に見たシンガポール・フライヤーのそれほどではないとはいえ、こんなふうに大きなキャビンをもった観覧車は日本ではなかなか見かけない。

160920prater03

園内にはもうひとつ、新しい観覧車もあった。こちらのキャビンは小ぶりである。

 ➤  つづきを読む

ヨーロッパ周遊のお供、MightySIM

今回はヨーロッパで11カ国、復路の乗り継ぎドーハでもカタールに入国したから、つごう12カ国を転々とした。ふつうならその国のプリペイドSIMを買うのが安いのだろうけど、こんなふうにつぎつぎと国境を越えてゆくような旅には合わない。

そこで今回は、ヨーロッパ周遊向きのプリペイドSIMを日本で調達していった。何種類か出ているみたいだったが、いちばん安くて面倒のなさそうなMightySIMというのにしてみた。

160918mightysim01

初期コストはアマゾンでもほぼ最安だったとおもう。ぼくはアフィリエイトをやらない主義なのでリンクは張らないが、気になるひとは検索すればすぐたどり着けるはず。サイズは3形式に対応。iPad miniでつかうためにnanoサイズに切りだした。切り取り線がついているので、金属部分を傷つけないようにさえ気をつけてやれば、そんなに問題ない。

料金はゾーン制だ。ヨーロッパはゾーン1で、33カ国対応だから、たいだいどこでもつかえる。通信単価も三つあるゾーンのなかではもっとも安い。とはいえふつうの単一国内用のプリペイドSIMにくらべればかなり高めではある。具体的な通信コストは公式サイトを見てほしい。

160918mightysim03

ぼくは出発前に日本でゾーン2で最小単位の200MBチャージして、まず動作確認をした。日本だとソフトバンクの電波をつかむことがわかった。でも日本じゃ単価が高くなりすぎるので、確認が終わったらさっさとSIMを取り出した。

 ➤  つづきを読む

ヨーロッパに原発PR施設を見にゆく 2/2

ヨーロッパまで原発PR施設を見にいってきた話のつづき。

160917npp_pr_euro06

こちらはベルギー国境にちかいフランスのショーズ原発。標識にしたがってすすんでいったら、従業員用の駐車場までたどり着いてしまった。こんな近くまで来ちゃっていいのかな、というくらいの接近度だった。ちなみに東電の柏崎刈羽原発のPR施設には、ここと姉妹原発(?)として提携したというプレートが設置されている。

160917npp_pr_euro07

これはルクセンブルク国境にちかいフランスのカットノム原発。PR館の背後に冷却塔が4基生えていた(上の写真では3基しか写っていない)。日本の原発では冷却塔はまず見かけないが、こちらの原発は内陸部にあるためか多くのばあい冷却塔をそなえており、かなり遠くからでも蒸気があがっているのが視認できる。

160917npp_pr_euro08

こちらはストラスブールより100kmほど南にあるフェッセンハイム原発ちかくの「エネルギーの家」という名のPR施設。その展示を見るかぎり、日本のそれのようなスペクタクルでアトラクション的な要素はあまりない。ちなみに、ここに流れているのもライン川で、カルカーよりもだいぶ上流にあたる。川を東へわたってちょっと行けばドイツとの国境である。

 ➤  つづきを読む

ホーム

Related Other Sites
Recent Posts
Categories
  • ゼミ・授業 (143)
  • 考えたこと (131)
  • 日にち雑記 (239)
Pages
Monthly Archives
Search This Site
Subscribe SwingBooks
Lab & Seminar
RSS hajime-semi Blog
  • 嫌いだけど好きなもの 2016年9月26日
      こんにちは、<うにょらへ>です。急に寒くなってきましたね。最近は夏が終わると秋を感じる間もなく冬になるよう […]
    長谷川ゼミ
Meta

ページの上部に戻る