生活の風景

生活の風景

厚真町とその周辺の写真をあげてみる

先日の北海道胆振東部地震による被害の大きさには、おどろかされた。報道で流される映像は一部の地域のものに集中しがちだが、一時は全道で停電するなど、道内各地の方々にとって相当に大変な状況であろうとおもわれる。また、この時期の北海道には観光客も多...
生活の風景

実家を処分した日

名古屋の実家を処分することにした。「処分」という表現が適切かどうかはわからないけど、ようするに売ってしまうということだ。 父が亡くなってからの10か月間でぼくが経験したのは、もろもろの雑事の連続であった。人間というのは身ひとつで生きて...
生活の風景

借りているのものです

市川では毎年8月第一土曜日に市民納涼花火大会がおこなわれる。 先日、江戸川土手を散歩していると、早くもこんな立て看板が出ているのを見つけた。 「事前場所取りを禁止します」と強い調子で主張している。が、つい誤植を発見してし...
生活の風景

街歩き都市、東京

街歩きが好きだというゼミ生がいる。卒論もそちら関係で書きたいという。もうひとりのゼミ生と三人で歩いてみようということになった。 白金の明学の正門前から出発。白金商店街→四の橋→愛育病院前→グランドハイアット前というかヒルズ前→全日空ホ...
生活の風景

8月15日の空

8月15日の空を見上げてみた。青空を背景にたくさんの雲が流れていた。 近くにある日蓮宗のお寺では本堂の屋根瓦の葺き替え工事がおこなわれていた。 本堂は震災で被災した。屋根にブルーシートがかぶせられたまま、ずっと立...
生活の風景

那須、水郡線、オープンキャンパス

2泊3日のゼミ合宿へ行ってきた。 那須のホテルに到着したのがお昼。以後、翌日の夕方に外で食事をとるために外出するまで、ホテルから一歩も出なかった。発表とディスカッションをひたすらくりかえした。 食事も発表を聞きながら合宿...
生活の風景

近所をひとまわり

入試業務もひと区切りついた。週明けには、また新たな業務たちが手招きして待っているのだが。 ひさしぶりに《くんくん》をつれて近所をひとまわりしてきた。午前中に吹いていた冷たい北風も収まり、春みたいな陽気だった。 ...
生活の風景

クール便を出しに

クール宅急便をだそうと、近所の酒屋さんに行った。あいにく閉まっていた。少し歩いたところにあるコンビニをめざして歩いた。太陽が斜めに照りつける。暑い。 このあたりは、片側一車線。交通量は多くバスも通る。舗道はない。道路の右端に引かれた白...
生活の風景

桜の入学式

中学校の入学式は満開の桜の下でおこなわれた。 《なな》は、一昨年卒業した《みの》のお下がりの制服を着て、うれしそうに出かけていった。野球部の友だちと待ち合わせて学校へ行くという。 ぼくたちも遅れて行く。保護者の参加も多く...
生活の風景

笑っていいとも、泣いていいとも

小学校の卒業の迫った《なな》たちのクラスで「感謝の会」という催しがあった。「笑っていいとも!! 泣いてもいいとも!!」というキャッチコピーが付いている。ようするに、子どもたちによる演芸会である。保護者あての立派な「招待状」まで届いた...
タイトルとURLをコピーしました