観たり読んだり

映画を観る

塚本晋也の『野火』

75年目の8月15日がやってくる。この時期ぼくがよく観る映画について書きたい。塚本晋也の『野火』(2014年)である。 映画『野火』は、塚本晋也が長年あたためてきた企画だった。だが製作資金は集まらなかった。企画内容を聞くと、みな尻込...
New!
本を読む

自粛生活の読書——内田百閒『東京焼盡』

自粛生活の読書にふさわしい本のひとつといえば、内田百閒『東京焼盡』である。書棚から中公文庫版をひっぱり出してきて、ぽつぽつ拾い読みしている。 昭和19年11月1日から昭和20年8月21日までの日記。米軍による空襲が日増しに烈しくなり...
映画を観る

まるで続編ではない続編——想田和弘監督『精神0』

想田和弘監督の『精神0』のおもしろさは、これが『精神』(2008年)の続編と見せかけて、じつはまるで続編ではないところにある。 前作の延長に位置するのが続編の定義であるのだとすれば、本作品は、むしろ、前作にたいして、ねじれの位置にあ...
映画を観る

〔仮設の映画館〕想田和弘監督の新作『精神0』デジタル配信

ドキュメンタリー映画作家・想田和弘さんの最新作『精神0』は、5月2日から公開予定だ。しかしCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大にかんする緊急事態宣言の発令によって再考を余儀なくされた。打開策として考え出されのが、〔...
映画を観る

ゾンビ化した『スターウォーズ』

『スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』は巷間さんざんな言われようである。 たしかにどのシークエンスも既視感満載だし、お話はご都合主義もいいところだ。チェイスにはアイディアがなく、チャンバラには様式というものが欠落...
映画を観る

『あこがれの空の下』――教科書のない小学校の一年間を追う

ドキュメンタリー映画の話題がつづいているが、さらにもうひとつ。教科書のない小学校の一年間に密着したドキュメンタリー映画『あこがれの空の下』をご紹介する。 監督の増田浩さんとは、昨夏ウクライナの首都キエフでたまたま...
映画を観る

『さよならテレビ』の逆説

東海テレビのドキュメンタリー映画『さよならテレビ』は、「テレビの今」をテレビみずからとらえようとする意図をもってつくられた作品である。残念ながらその狙いは、一個の作品としてうまく結実しているとは言いにくい。ところが、作品として必ずしも成功...
映画を観る

東海テレビドキュメンタリーのお歳暮

「東海テレビドキュメンタリーのお歳暮」と題された上映会がおこなわれている。場所はポレポレ東中野。2007年以来、同局は阿武野プロデューサーの下でドキュメンタリー作品を劇場版の形で公開してきた。その既存の15作品がまとめて上映されて...
映画を観る

夢見る翻訳——映画『ドリーミング村上春樹』

しばらく前のことだが、『ドリーミング村上春樹』を観た。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムさんを追うドキュメンタリー映画だ。60分ほどと短い。作品として成功しているとは言いにくいようにおもうものの、メッテさん自身がたいへん魅力的だった。 ...
その他の観たり読んだり

ある編集者のユートピア——小野二郎展

世田谷美術館で開催中の「ある編集者のユートピア——小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校 展」を観てきた。 小野二郎といって、どれだけのひとがピンとくるのだろうか。ぼくには答えようがない。おそらくそれほど多数のひと...
タイトルとURLをコピーしました