遊園地の政治学

著作・寄稿のお知らせ

なぜディズニーランドへゆくのか第6回(最終回)公開

「わたしたちはなぜディズニーランドへゆくのか──遊園地の政治学」の連載第6回「「他者の視線」と「非日常」の果て」が、先日公開されました。 最後のほうは、いまいちうまく書けず、もう少しクリアに言うことができればなと、やや心残りでした。も...
その他の乗りもの

シンガポール・フライヤーに乗ってきた 1/3

シンガポール・フライヤーに乗ってきた。 2013年9月現在世界一という触れ込みの巨大観覧車だ。高さ165m、回転輪直径150m。公式サイトはこちら(英語)。全体設計は建築家の故黒川紀章、観覧車の製作・設置は三菱重工(出典)である。 ...

なぜディズニーランドへゆくのか第5回公開

連載しております「わたしたちはなぜディズニーランドへゆくのか──遊園地の政治学」の第5回「ゴンドラから再浸透する視線」が公開されました。 東京ディズニーランドに隣接する葛西臨海公園には、なぜディズニーランド内から排除されている観覧車が...
ゼミ・授業

ベンチと液状化跡──舞浜駅前調査余録

舞浜駅前の調査にかんする余録を二つ。 その1。ディズニーランド来訪者の動線からはずれるが、空中歩道から地上へ降りてみると、東日本大震災のときの液状化の被害がまだかなり残されていることに気づかされる。いたるところ地面は波打ち、アスファル...
サイト更新のお知らせ

東京貼り紙らくがき収集調査 in 舞浜

昨年から始めた「東京貼り紙マップ」。今年は舞浜駅周辺に狙いをさだめ、貼り紙にくわえて、落書きも収集してみることにした。 舞浜はいうまでもなく厳密には千葉県だが、東京ディズニーリゾートと名乗っている場所もあることだし、まあ大目にみてくだ...
著作・寄稿のお知らせ

ディズニーランドに観覧車はなぜ不在か

連載第4回「「外部」と「俯瞰」と不在の観覧車」が公開されました。 しばらく前に葛西の観覧車を見にいきましたけれど(そのときに書いた記事1と記事2)、今回は東京ディズニーランドに観覧車がないのはなぜかという問いについて考えてみました。 ...
著作・寄稿のお知らせ

ディズニーシーから観覧車は見えるか 2/2

前回書いたように、ディズニーシーの内部から「外部」は、いちおう見えないわけではない。 「外部」という条件に、隣接するディズニーランドの建造物を含めることを許容するのであれば、注意していればシーのいくつかの地点で視認可能である。たとえば...
著作・寄稿のお知らせ

ディズニーシーから観覧車は見えるか 1/2

ウェブ連載の第3回(「ディズニーランド化した日常?」)の最後に観覧車のことを書いた。これに関連してちょっと確かめたいことがでてきた。ディズニーシーから葛西の観覧車は見えるのか、ということである。 よく知られているように、ディズニーラン...
著作・寄稿のお知らせ

ウェブ連載第2回公開

ウェブ連載「わたしたちはなぜディズニーランドへゆくのか──遊園地の政治学」の第2回「「物語」をめぐる内と外と世界の果て」が公開されました。ご高覧いただければさいわいです。 今週後半は学務のため札幌へ。
著作・寄稿のお知らせ

なぜディズニーランドへ行くのか

こんな原稿を書きました。「舞浜ゆめのの夢の国」。ウェブマガジンなので、クリックすれば直接記事にとぶことができます。 今回の論考の素材にしたのは、いわずと知れた、東京ディズニーランド開園30周年のCMです。 全体として...
タイトルとURLをコピーしました