2015-05

本を読む

映画の荒野を走れ

なかなかに痛快な書である。『映画の荒野を走れ──プロデューサー始末半世紀』(上野昂志・木村建哉編)。映画プロデューサー伊地智啓へのインタビューがまとめられている。書名はいうまでもなく『濡れた荒野を走れ』(澤田幸弘監督、1973年)のもじりだ...
その他の観たり読んだり

植草甚一スクラップ・ブック展

「植草甚一スクラップブック」展を見にいってきた。会場は世田谷文学館。京王線の芦花公園駅から歩いて5分くらいだ。おもった以上に充実した展示だった。 あとから、まわりの学生たちに訊いてみた。誰も植草さんの名前を知らなかった。まあ、そんなも...
Apple

腱鞘炎になった

腱鞘炎になった。 ずっとiMacに向かって原稿を書いたりしていたためだろう。というと、なにかとてつもない仕事量だと威張っているみたいだけど、もちろんそんな大した話ではない。 患部は、右手の人差し指の根元にある骨に沿った横...
ディフェンダー110

石見銀山まで往復2000km

しばらく前のことだが、仕事がひと区切りついたので、石見銀山へ行ってきた。 ディフェンダーで東京から石見銀山まで片道1000km。往路は8割を下道で、復路は8割を高速で走破した。途中で、大飯、高浜、島根の原発PR施設を再訪してき...