ホーム > 日にち雑記 | 空と雲と光 > ハーフムーン

ハーフムーン

090502half_moon001_03.jpg

5月2日午後7時すぎの月。きれいな半月だ。ちょうどほぼ南中していた。三脚もたてず、手持ちで撮影した。

《くんくん》は、なぜお月さまはああいう形なのかと問う。月と地球と太陽の位置の関係でね、と説明するが、腑に落ちないみたいだ。じゃあ、なぜお月さまは明るいのか、と重ねて訊ねる。太陽の光を反射していて、と説明するが、これも「ふうん」というばかりだ。

《くんくん》の理解では、お月さまはじぶんで光を発している。その光は、時によって白かったり、赤かったりする。もしかすると、お月さまの気分によって異なるのかもしれない。そしてでっぷり肥ったり、ほそーく痩せてしまったり、痩せすぎて姿が消えてしまったりする。そういう生きもののような存在らしい。

忌野清志郎死去の報に接す。享年58。